『オリラジ』中田敦彦YouTube絶好調で“第二の池上彰”へ一直線!

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

中田敦彦

(C)まいじつ

お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦が10月18日、自身のインスタグラムを更新。写真家の蜷川実花氏の誕生会を行ったことを報告した。

アップされた写真には、中田の他に〝ホリエモン〟こと堀江貴文氏、お笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣、メンタリストのDaigo、『SHOWROOM』代表取締役の前田裕二氏、幻冬舎編集者の箕輪厚介氏ら、豪勢な面々がずらりと並んでおり、大きな反響を呼んでいる。

「中田はYouTubeチャンネルの登録者数が132万人を超え、今ではすっかり人気ユーチューバーになっています。当初は自己啓発的な内容の動画でしたが、最近は〝授業スタイル〟に変化し、国際情勢からITインフラ、偉人伝など、幅広い内容を芸人ならではの話術で講義しています。ホリエモンや箕輪氏らとも対談していることから、誕生会もさながら、ビジネス交流会の様相を呈していますね」(芸能ライター)

 

「一歩間違うと日本の闇」

ネット上では、

《これはすごい面々だな!》
《何か新しい日本を背負っている感じがするぞ》
《業界の有名人ばかりじゃん。すごいメンツだなぁ》

など、驚きの声が上がった一方で、集まったメンバーがたびたび物議を醸す発言をしていることから、チクリと批判する声も…。

《キンコン西野とSHOWROOMとか怪しさ満点じゃねーかよ》
《みんな一度は炎上してるメンバーだな。正直、関わりたくない人たちばかり》
《このメンバーって一歩間違うと日本の闇だぞw》
《みんな笑顔で、自分たちは日本の最先端を歩いていると思ってるんだろうなぁ。ノーベル賞を獲った吉野彰氏の人柄と笑顔を冷静に比べてる自分がいる》

など、辛らつな意見も散見された。

「一般の人から見れば、中高年の男女が集まって〝バブリーな誕生会〟を開いている、という印象が強いでしょうね。おそらくそんなヤッカミもあるのでしょう。自己啓発的な世界が好きな人にとっては憧れのメンバーでしょうが、同時に〝いかがわしさ〟を感じる人がいるのも事実でしょうね」(同・ジャーナリスト)

お笑い芸人からすっかり時代の最先端へ躍り出た中田。その発言がたびたび炎上し、一時は芸能界を〝干された〟ともウワサされていたが、今や本人の心の中は晴れ晴れとした気持ちでいっぱいだろう。

中田の講義は「分かりやすい!」と評判だ。仲の良い誕生会メンバーの支持を受けて〝第二の池上彰〟になる日も近いかも!?