KinKi Kids・堂本剛、『ブンブブーン』出演・ともさかりえのブログに「悲しくなる」とファンの声

©株式会社サイゾー

 KinKi Kidsの冠バラエティ番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系、10月19日放送)に、女優のともさかりえがゲスト出演した。

 ともさかといえば、1995〜97年に放送された連続ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で、堂本剛と共演。その2人が10年ぶりにバラエティ番組で共演するということで、今回は放送前からファンの注目を集めていた。

 番組冒頭では、堂本光一が『金田一』のドラマについて触れ、「一(はじめ)ちゃんと、“みさえ”じゃなくて……」と、ともさかの役名である「美雪(みゆき)」を「みさえ」と間違えるハプニングが発生。剛をはじめ、周囲の笑いを誘った。

 「ゲストのやりたいことをする」というのがコンセプトの同番組。今回ともさかは、「薬膳料理が食べたい」「剛さんとお話がしてみたい」と2つを提案した。長期間に渡って共演していたにもかかわらず、「剛さんのこと全然知らない」と話すともさかに対して、剛も「僕も、ともさかさんのことを知ってるわけじゃない」と告白。さらに、ともさかは剛との当時の関係を「嫌いではないけど、そんな仲良くはなかった」と振り返り、剛もそれに同意する。

 その後、2人が共演した『金田一』のVTRが流されると、剛は「覚えてないな〜。見たらさすがに『これさぁ~』って(エピソードが)出るかと思ったけど、1ミリも出てこない」と、当時のことをまったく覚えていないよう。一方、ともさかは「“モミアゲ”にしか目がいかなかった……」と、剛がしていた独特のヘアスタイルが印象的だったと回想。これに対して光一は、「俺ら2人とも、モミアゲっていうモミアゲがないじゃない。モミアゲが欲しいみたいなのあったんじゃない?」と聞くと、剛は「モミアゲと身長は欲しかったです。伸びなかったですね、どっちも」とコメント。周囲の笑いを誘いつつ、「『金田一』はモミアゲで視聴率取ってたんで……」と、つぶやく剛だった。

 そんな中、ともさかが24歳で結婚したという話題になり、KinKi Kidsの結婚観へも話が及ぶ。剛が「結婚して親に孫を見せたい」という願望を話すと、光一は「俺、ジャニー(喜多川)さんに(孫を)見せたかった」と告白。そして、2人とも「ジャニーさんに子どもの名前をつけてほしかった」がそれは叶わないため、光一は「もう(子どもの名前は)“ジャニー”でいっか?」と発言。剛は慌てたように「子どもの責任すごくなるから!」とツッコみ、大きなプレッシャーを背負うだろう、未来の子どもを危惧していた。

 番組の最後では、ともさかの趣味が「ミュージカル鑑賞」だという流れから、光一主演の舞台『Endless SHOCK』に、剛が16〜17年ほど観劇に訪れていないことが判明。そこで、ともさかが「一緒に『SHOCK』を観よう!」と剛を誘ったものの、「なんでやねん! ややこしくなるやん。一と“みさえ”が来たって……」と一蹴。とはいえ、『金田一』コンビの仲の良さが垣間見えた場面となった。

 放送終了後、ともさかは自身のブログを更新。剛と久しぶりの共演について「なんだかとても面白くて不思議な時間でした」と振り返りつつ、「金田一当時は本当につらくて 特にパート2の辺りは いま振り返っても 軽く動悸がするくらいにしんどかった」と、ドラマ放送時を懐古。というのも、2人は当時、熱愛のウワサなどによりファンから誹謗中傷を浴びており、今回のブログには「生きていて良かったと心から思います」とまで書かれていた。そんな過去を経て、ともさかはブログで「彼は同じ時代を 同じ時間を駆け抜けた なんていうか 戦友みたいな人」と剛について語り、『ブンブブーン』での共演を喜んでいた。

 ネット上では、ファンから「『金田一』の時代はつらかったんだね。でも、こうしてまたお互い再会できて、それをテレビで見られて幸せです」「『金田一』をリアルタイムで見てたから、ともさかさんのブログを読むと悲しくなる」「再会した2人が笑い合ってて、すごく泣けた……。また共演できるといいなあ」などのコメントが寄せられた。