香港市民が100万香港ドルを日本の台風被害へ寄付~それでも冷たい日本政府の香港への対応

©株式会社ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司の OK! Cozy up!」(10月21日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。香港の民主活動家が刃物で襲撃されたニュースについて解説した。

「暴徒はいない、暴政だ」 香港・九竜地区でデモ行進する大勢の人たち=2019年10月20日(共同) 写真提供:共同通信社

香港でデモを呼び掛けるビラを配っている男性が襲撃され負傷

香港で19日午後、民主化デモを呼び掛けるビラを配っていた19歳の男性が刃物を持った男に襲われ、首と腹部を負傷した。香港では17日にも民主化要求デモを主催する市民団体のリーダーが、路上で正体不明の暴漢らにハンマーで襲われたばかりである。

飯田)19歳の男性ですが、犯人は本土中国の人間かもしれないということです。

須田)ただ刺されただけではなく、お腹から腸がはみ出ていたという深い傷です。さすがにこれについては香港警察も容認できないということで、逮捕されました。逮捕されるのは珍しいのですよ。

飯田)そのようですね、最近の香港警察は。

香港 マスク禁止法施行 香港島の繁華街、銅鑼湾で、デモ隊に放火された地下鉄の出入り口=2019年10月4日夜 写真提供:産経新聞社

香港人権・民主主義法案が米下院で可決~香港行政府、中国共産党の焦り

須田)香港警察の暴走ぶりが際立っている。その背景には香港行政府の焦り、中国共産党の焦りがあるのだと思います。16日にアメリカにおいて、香港人権・民主主義法案が下院で可決されました。あとは大統領の署名を待つばかりです。これによると、香港で人権に対して、デモ隊を抑圧したりすると経済制裁がかけられる。アメリカへの入国が禁じられたり、アメリカでの資産が凍結されるということになります。そればかりではなく、アメリカは香港に対して貿易面では最恵国待遇をしていますが、その優遇策を取り外すこともあり得る。香港サイド、中国本土サイドは相当焦っていると思います。

飯田)香港人権・民主主義法案はとりあえず下院を通って、今度の上院は政権与党の共和党が多数だから通るだろうと。それで大統領が署名すれば成立となる。これは超党派で出しているものです。

須田)そうですね。アメリカだけでなく、各国が香港に対して支援策を打ち出しています。日本はどうなのかと言うと、まったく日本政府はこの問題に関して、メッセージらしいメッセージも出していないというのが実状です。

飯田)注視する、自制を促したりする程度です。

香港・新界地区で、警察がデモ参加者(左端)に実弾を発射する瞬間とされる映像=2019年10月1日 香港大学学生会提供 写真提供:時事通信

香港問題に何のメッセージも出さない日本

須田)総理官邸は、対中国政策について関係を改善して行こう、いい方向に持って行こうという流れのなかにある。その流れのなかで、香港問題に対して問題提起をしてしまうと、中国側の不評を買いかねないということでしょう。アメリカのプロバスケットボールチームの某監督が、香港に共感するというツイッターを出したら、中国が反発した。NBAにとって、中国は巨大マーケットなのです。そのマーケットを失いかねないということで、中国が反発した途端に謝罪をしました。とてつもない弱腰対応を取ったのです。中国はそういったやり方をとって来る国なのですよ。それに対して、どう毅然とした対応を取るのか。いまアメリカ国内は、NBAに対する批判が強いですね。

飯田)NBAのやったことは不適切だと、議員なども批判的なツイートを出していますよね。

須田)日本が将来やろうとしていることにも、中国はNBA的ニュアンスを持って来る可能性があります。

飯田)来年(2020年)の習近平氏の、国賓での日本訪問ということもあるわけですか?

浸水した家から運び出された家財が山のように積まれていた=2019年10月15日 福島県郡山市 写真提供:産経新聞社

香港の民主化デモサイドが日本の台風被害に100万香港ドルを寄付

須田)それだけではなく、経済面でもっと日中間は強化して行くべきではないかという流れに乗っています。それに水を差すようなことはしたくない、しないというところがあるのかもしれないですね。ただ、ここで話しておきたいのが、香港の民主化デモサイドが、日本の台風被害に対して街頭募金をしました。それで100万香港ドルが集まり、日本赤十字社に対して寄付をするということです。

飯田)100万香港ドル。

須田)大体1400万円弱です。日本との連携で、向こう側はそのように想いを寄せているのに、対応が冷たすぎやしないかと私は思います。親日派の人たちも多いですし、民主化運動のリーダーたちは幾度となく来日して、共闘を呼び掛けています。それに対して、日本のメディアも含めて対応が冷たすぎます。

中国・北京で建国70周年記念軍事パレードに参加する(前列左から)習近平国家主席、江沢民元国家主席、李克強首相(中国・北京)=2019年10月1日 写真提供:時事通信

香港の民主化を純粋に応援すべき

飯田)どうも香港を支持するというのも、国内の党派的な立場に絡めて、例えば香港ではデモで国が変わろうとしているのに日本は何だ、という批判に持って行くようなところがある。純粋に香港を応援するということは、あまり表に出ていないところがありますね。

須田)これは人権や民主主義を守ることなのだから、純粋に応援すべきだと私は思います。

飯田)アメリカのようにはならないものですかね。

須田)現状では自分たちのリーダー、香港のトップを自分たちで自由に選べないのですよ。選挙によって選ぶことができないという状況が、21世紀の世界において許されるのでしょうか。独裁国家ではないのだから。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

radikoのタイムフリーを聴く