RIMESがマニラに新たな業務ハブを開設

©ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

フィリピン・マニラ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 資産運用会社、所有者、サービサー、銀行にマネージド・データ・ソリューションとRegTechソリューションを提供するトップ企業のRIMESテクノロジーズは本日、10月21日にフィリピンのマニラに新規オフィスを開設すると発表しました。

新施設はシフト制で運営され、世界中の顧客に24時間体制でサポートを提供しているRIMESの実績ある能力をいっそう強化します。この施設は、データ管理やコンプライアンス業務で必要となる顧客サービス、データ分析、パフォーマンス分析、ITスキルを顧客に提供する業務サポート・ハブとなり、RIMESが10年以上前から確立しているシンガポール、上海、シドニーの営業・サポートオフィスを含むアジア太平洋地域の広範な拠点網が拡大します。

RIMESの最高経営責任者(CEO)で共同創業者のChristian Fauvelaisは、次のように述べています。「新たなマニラのハブは、RIMESにとって戦略的に非常に重要です。アジア太平洋市場における当社の野心的な成長目標を達成する一助となるだけでなく、世界中の顧客に地域や時差を問わず最高水準のサポートを提供することに成功している当社の『太陽を追いかける』モデルを効果的に増強します。」

RIMESは、優秀なデータ・エキスパートおよび顧客サービス専門スタッフの計12人体制で業務を開始し、今後スタッフ数を増やしていく予定です。このアプローチは、RIMESがこの重要な地域でマネージド・データ・サービスとRegTechソリューションのラインアップ拡充を進める一助となります。

Christian Fauvelaisは次のようにも述べています。「マニラのハブは、当社のサービスを支えている複雑なデータ照会タスクの多くを一元化するものであり、データの急増や監督の強化など、お客さまが現在直面しているデータ管理上および法規制上の重要課題の克服を支援していく上できわめて重要な拠点となるでしょう。この仕事に取り組む上で、フィリピンにデータ・エキスパートの人材が非常に豊富であることが有利に働きます。このことは、当社がデータ管理分野における世界規模のリーダーシップを維持していくのに役立つでしょう。」

RIMESについて

RIMESは、顧客が直面する課題を真に理解しているデータ管理と規制技術のスペシャリストです(表彰も受けています)。当社は、45カ国350社を超える資産運用会社、所有者、サービサー、銀行にサービスを提供し、これには世界的資産運用会社のAUM上位100社中の60社、資産サービサー上位10社中の9社が含まれます。www.rimes.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Alessandro Ferrari
Marketing@rimes.com
+44 20 7743 6040