神戸空港にヘリが緊急着陸 4人搭乗、けがなし

©株式会社神戸新聞社

神戸空港=2016年11月撮影

 21日午後3時半ごろ、広島県から八尾空港(大阪府八尾市)に向け飛行していた朝日航洋(東京)の大型ヘリコプターが、計器の警告灯が点灯したため急きょ目的地を変更し、神戸空港(神戸市中央区)に着陸した。国土交通省大阪航空局によると、4人が搭乗していたがけがはなく、機体にも異常は認められなかった。同空港発着の定期便への影響もなかった。