キンボールW杯 県内出場選手を激励

©株式会社北日本新聞社

東瀬保健体育課長(右)から激励金を受け取る高見選手=県庁

 27日~11月2日までフランスで開催されるキンボールのワールドカップに、県内から出場する選手の激励会が21日、県庁で行われ選手たちが抱負を語った。

 出場するのは日本代表女子チームの高見優莉子選手(23)=舟橋村稲荷=と家城遥選手(18)=富山市寺町=で、酒井英登さん(48)=同村国重=がヘッドコーチとして同行する。

 県教育委員会教育参事の東瀬保健体育課長から3人に激励金が手渡された。高見選手は「自分がチームを引っ張る気持ちで、必ず金メダルを富山に持ち帰りたい」と意気込んだ。