在日中国人が吐露した不満が共感呼ぶ=中国ネット「完全に同意する」「中国にもいる」

©株式会社 Record China

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で34万のフォロワーを持つ在日中国人ブロガーの「愛染香在大阪」さんは21日、日本のある問題についての不満を投稿。他のユーザーから反響が寄せられている。

「愛染香在大阪」さんは、怒りに血管を浮き上がらせたキャラクターの画像と共に「日本の暴走族は寝ないの?。壊れたバイクに乗って真夜中にブンブンブンブン…」とツイート。「100の汚い言葉」を発したいほどいら立ったことを報告した。

このツイートに、同じく日本在住とみられるネットユーザーからは「完全に同意する」「うちの周りもひどいよ」「日本の建物の防音処理も大したことない。うちは鉄筋コンクリートか何かだけど(音が聞こえる)」「バイクの音を聞くたびに道路にバナナの皮を投げたくなる」など、同調する声が上がった。

「寝ないのか」という疑問に対しては、「(暴走族は)昼間に寝てるんだよ」「夜中は路上に人がいない。だからやって来るんだよ」「わざと人々の睡眠を妨害してるんだ」などの声が寄せられたほか、「10日のうち8日はバイクの音が聞こえる。時々は集団で」「暴走族なんて昭和の時代のことかと思ってた」との声もあった。

また、中国にも同様の騒音問題があるようで、「中国にもいるよ。マフラー改造して爆音鳴らしてる」「中国の暴走族も午前1時にバイクをぶっ飛ばしてるよ。いなくなればいいのに」「ほぼ毎日だよ。寝ようとしていたら(騒音で)起こされ、道を歩いていたら驚かされ…」といった声や、「私は広場ダンスが迷惑」というユーザーもいた。「広場ダンス」は中高年が公園などで大音量の音を流しながらダンスをするもので、若者や近隣の施設とトラブルになることもある。(翻訳・編集/北田)