地面師詐欺という闇!死者の伝言は3本の小枝 『シャーロック』第3話完全版

©株式会社フジテレビジョン

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が若宮潤一(岩田剛典)相手に怪しげな実験をしていると、江藤礼二(佐々木蔵之介)が来た。身元不明の死体を見てきたと上着をバタバタと払う江藤に、若宮は自宅に臭いを移されてはたまらないと注意。江藤は謝りながらもキッチンで手を洗い、そこにあったタオルで手を拭くものだから若宮の顔は曇りっぱなし。

獅子雄が殺しかと尋ねると、江藤はつまらない事件だと答えた。しかし、獅子雄は江藤がつまらないと言うと、逆に面白そうだと状況を尋ねる。すると、江藤は渋谷の空き家で、身元不明の老人の死体が発見されたと教えた。獅子雄は空き家であったことに食らいつく。

早速、現場に向かう獅子雄たち。空き家は一等地の邸宅だが、江藤は曰く付きだと話し始める。そこは5年前に巨額の地面師詐欺の舞台になった邸宅。事件後に、詐欺被害に遭った建設会社の社長が邸宅で自殺したため空き家になっているらしい。話を聞いた獅子雄は遺体があった場所を検分。すると、遺体の手に当たる部分に3本の木の枝があることに気づく。江藤は壁にあるリースの枝が自然に落ちたのだろうと推測するが、獅子雄は枝の折れた断面が新しいことを疑った。

獅子雄たちが遺体安置所で科捜研職員から検死報告を聞いていると、江藤クミコ(山田真歩)が、死体の身元が割れたと報告に来る。死んだのは5年前の地面師詐欺犯人グループの1人、吉野正夫(六平直政)だった。そこに、捜査二課の市川利枝子(伊藤歩)と係長の田中誠司(飯田基祐)が現れる。

利枝子は5年前に吉野を逮捕していた。だが、事件はまだ終わっていないと言う。まだ、吉野以外の犯人グループが捕まっていないのだ。そして、出所して間もなくの吉野が殺害されてしまった。グループの主犯が守谷という人物とわかっていたが、誰も顔を見たことがない。

若宮が地面師たちを恨んでいる人間を尋ねると、利枝子は金を騙し取られた大邸建設だろうと答える。それが原因で社長が自殺、会社も登壇したからだ。社長の妻は事件後に入院、子供はいない。若宮が妻には殺害の動機があると言う。だが、獅子雄は、吉野の死因は肉体の弱点を知り尽くした格闘技経験者による無駄のない犯行だと、社長の妻を容疑者から外す。すると、利枝子が当時の営業マンで地面師詐欺に遭った物件を担当していた古田和人(岡田義徳)の名をあげた。古田は最近、事件のあった邸宅周辺で目撃情報もあった。

獅子雄と若宮は、古田に聞き込み。吉野の件を話すと、古田は即座に知らないと答える。邸宅周辺の目撃情報も否定した。獅子雄たちが古田の職場を離れると、男が声をかけて来る。古田の会社で働く樋口隆(樋渡真司)だ。

ベーカーハイツに戻った獅子雄たちは江藤も交えて状況報告。吉野名義で契約された携帯には通信記録がほとんどなかったが、気になる通信が存在した。それは、5年までに社長宅で家政婦をしていた細川保奈美(山口いづみ)のもの。吉野は保奈美から犯行当時、邸宅の情報を聞き出していた。獅子雄は若宮に保奈美に連絡するよう指示。しかし、なかなか電話は繋がらない。

獅子雄は、吉田について調べたことを江藤に話す。すると、獅子雄は古田が13億の契約をまとめ、来週契約予定の土地があることを樋口から聞いたことを伝える。樋口は古田が地面師グループとつながっているのではないか疑っていた。江藤は、その話に飛びつくが、獅子雄は吉野を殺した犯人が知りたいだけだと地面師詐欺には興味無い様子。

次の日、江藤は古田の情報を利枝子に報告。手柄を折半しようと言う江藤に、利枝子は吉野殺害を調べるよう忠告。そして、古田の情報は二課で捜査し、何かあったら報告するので他には漏らさないようにと告げた。

若宮は保奈美と会い、吉野が死んだことを話す。すると、保奈美は吉野が出所してから何度も詫びに来たと言う。自分の誕生日にはプレゼントに文箱までもらったと話した。獅子雄はレオ(ゆうたろう)に古田の行動を探らせ、1人になったところに会いに行く。そして、獅子雄は次週の契約への同行を申し出る。

ベーカーハイツで、獅子雄は若宮に保奈美の様子を聞く。若宮が撮影してきた吉野からのプレゼントを見た獅子雄は興味を抱く。そこに、古田から電話が入った。獅子雄が会いに行くと、古田は契約を延期にすると言う。

自分が地面師グループと通じているのではなく、5年前も仕事をくれた不動産仲買の先輩、丹波史也(菊池均也)に、また騙されるかもしれないと危惧していた。そして、今回は会社に打ち明けると言う古田だが、獅子雄はこのまま契約を進めるよう促す。驚く古田に、獅子雄はこの賭けに勝てば、詐欺の瞬間を押え、かつ吉野殺害の犯人も明らかに出来ると請け負った。

獅子雄は13億円の土地の売主、斎藤順子(山村紅葉)に会う。順子の話し言葉に、土地とは別の発音があることに獅子雄は気づく。その夜、利枝子をレオにつけさせた獅子雄だが、尾行がバレてしまう。そこに現れた獅子雄は、利枝子が犯人のところへ行くと思ったと突きつけた。獅子雄は二課の情報を聞くが、利枝子は教えない。ただ、未だにグループ主犯の姿がつかめないとだけ話してくれた。

契約の日。古田と落ち合った獅子雄は現場へと向かう。その頃、若宮は保奈美のアパート前から利枝子に電話して獅子雄の動きを報告していた。獅子雄は古田と銀行の応接室で、契約関係者と対面。売主の順子、浩平(猪征大)、司法書士の熊沢、仲介役の丹波と担当銀行員だ。

その頃、若宮は保奈美と会っていた。若宮が吉野から保奈美がもらった文箱を調べると蓋が二重になっていて、その中に写真があった。驚く保奈美に、若宮は写真の人物が吉野を騙したと告げる。そして、保奈美にあることを頼んだ。

不動産取引は順調に進み、あとは古田が会社に連絡して入金するだけとなる。その時、獅子雄が待ったをかけた。斎藤親子に、契約を見直すよう促し始めた獅子雄は5年前の地面師詐欺事件の話まで持ち出す。丹波は、斎藤親子は当時の件も了承済みだと言うのだが…。そこに、獅子雄は若宮からのメールを着信した。

メールを見た獅子雄は一同に、5年前の事件はまだ終わっていないと話し出す。吉野は自分だけが服役したことを恨んで、仲間を脅した挙句、殺害されたのだはと語る獅子雄。丹波たちが、とりあえずの取引延期を申し立てて帰ろうとすると、獅子雄は斎藤親子が偽物だと言い放つ。そして、本物の斎藤親子とテレビ電話を繋いだ。丹波もグルだと獅子雄が続けた時、利枝子たち二課の面々が飛び込んできた。

利枝子の指示で、斎藤親子のなりすまし、丹波、熊沢が逮捕される。だが、獅子雄は、取り調べは利枝子が受けなくてはいけないと告げた。吉野正夫を殺害したのは利枝子だと言うのだ。証拠は吉野が文箱に残した丹波と利枝子の密談中の写真。利枝子は介在を知られた吉野に脅されていたのだ。そして、警察官の利枝子は格闘技経験者だ。

獅子雄が文箱に隠された写真を見つけたのは、吉野が残した三本の枝によるダイイングメッセージだった。それは、保奈美を指していた。また、古田が吉野殺害現場の邸宅周辺で目撃されていたのは、自殺した社長に供物を供えていたからだった。その後、利枝子は黙秘を続け、まだ、主犯の守谷の正体も明かされてはいない。