千曲川氾濫から1週間 浸水した長沼地区のリンゴ農家「もう、この地区に住むのは・・・」 長野

©株式会社長野放送

千曲川の氾濫から1週間。収穫期を迎えた地区のリンゴ畑は手付かずのまま。農家は今後に不安を抱えています。

(リンゴ農家・小川京子さん)「復旧するには年単位かかる。離農者は増えると思う」

一方、被災した自宅は壊し、小川さんは別の地区で家を探す考えです。

(リンゴ農家・小川京子さん)「もうこの地区に住むのは無理。不安な思いを抱えたまま暮らせない。安心して眠れるような所に住みたいかなと思います」