鷹ドラ3津森、すでに“選手目線”で日本S観戦 スカウトも「1年目からチャンス来る」

©株式会社Creative2

ソフトバンクから3位指名された東北福祉大・津森宥紀【写真:高橋昌江】

21日に指名挨拶、今季は不調も「我々はいいところを評価して指名しています」

 ソフトバンクから3位指名された東北福祉大・津森宥紀投手が21日、仙台市内の同大で指名挨拶を受けた。福山龍太郎アマスカウトチーフと担当の作山和英アマスカウトチーフ補佐が訪問。津森は大竹榮部長、元西武の大塚光二監督と臨んだ。

 ドラフトから4日が経ち、津森は「(ソフトバンクの)帽子をかぶったので、ちょっと実感がありました」と笑顔を見せた。ソフトバンク側からは充実した環境と自信を持つコーチングスタッフについて話され、セットアッパーやクローザーの候補であることを伝えられた。今年は不調に苦しんだ津森だが、「高橋礼、椎野(新)、大竹(耕太郎)なども大学時代にいい時もあれば、コンディションが落ちた時期もあった。我々はいいところを評価して指名しています」と福山スカウト。特に気持ちを前面に出した投球が気に入られている。

「昨年の日米大学野球の時、ウチの甲斐野(央)の前で投げていた。その投げっぷりの良さと打者に向かっていく強さに我々が求めているセットアッパー、クローザーに必要なものを兼ね備えていると思います。津森君のようなタイプがうちにはいないので活路がある。1年目からチャンスは必ず来ると思う。層は厚いけど、居る場所はあるので将来、楽しみにしています」(福山スカウト)

 長所である投げっぷりを評価され、「ありのままの投球でいいんだなと思うとやりやすいです」と笑顔を見せた津森がサイドスローになったのは和歌山東高1年の夏。2年秋には創部初の近畿大会出場に導いた。東北福祉大では1年春からリーグ戦に登板し、侍ジャパン大学代表の候補合宿に参加。2、3年と日の丸を背負った。また、3年生だった昨年の大学選手権では全4試合で18回2/3を投げ、防御率0.00で14年ぶり3度目の日本一を成し遂げた。準々決勝の白鴎大は延長10回をわずか3安打に抑え、2-1のサヨナラ勝ち。ほかの3試合はクローザーとして相手打線を寄せ付けなかった。

「こういう選手層が厚いところで投げるんかな」

 担当の作山スカウトは同大が91年の全日本大学選手権で初優勝した時の胴上げ投手。背番号は津森と同じ「16」だった。指名あいさつの場では、「どっかで見たことがある」という大竹部長の冗談に「実はここのOBでして。ご存じないかもしれないですが、私の代で日本一になりました」と応戦。大竹部長が「勝利投手だもんね。延長17回」と懐かしむと、「私の記憶が正しければ胴上げ投手だった気がします」と笑いが絶えず、指名あいさつは和やかな空気でスタートした。なお、東北福祉大の選手がソフトバンクから指名されたのは98年ドラフトの松修康(当時はダイエーで逆指名)以来となる。

“野球不毛の地”といわれた東北地方で初の大学日本一を極めた時の投手が、3度目の日本一を達成した時のエースを担当。そして、ソフトバンクは今、まさにプロ野球の頂点を目指して戦っている最中だ。「中継ぎの方(かた)を結構、見ています。こういう選手層が厚いところで投げるんかな、とか思いながら」と津森。20日の2回戦では6-0の9回に高橋純平が登板。1死満塁で森唯斗がマウンドに向かったが、タイムリーで3点を失った。「難しい場面だったと思う。そういうところもしっかり投げていかないとダメなんだなと思いました」と“選手目線”で観ている。

 自身ももう一度、日本一になるチャンスに挑む。26、27日には明治神宮大会出場をかけた東北地区代表決定戦が控える。東北福祉大の明治神宮大会出場は15年を最後に遠ざかっており、津森ら現4年生は経験がない。日本一を手土産にプロの世界に飛び込むためにも、「最後は優勝して終わりたい。全力でいきます!」と頼もしい。(高橋昌江 / Masae Takahashi)