トリッピアー「マドリードで一番面白いのはコスタ!」

©フットボール・トライブ株式会社

キーラン・トリッピアー 写真提供: Gettyimages

アトレティコ・マドリードのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがスペイン代表FWジエゴ・コスタについて「今までで一番面白い選手」とコメントしている。21日、スペイン紙『マルカ』が伝えた。

今夏の移籍市場でトッテナムからマドリードに加入したトリッピアーだが、プライベートでの悪ふざけも有名なコスタによる控室での冗談に和まされているようだ。同選手は、コスタに「ルーニー」(元イングランド代表FWウェイン・ルーニーのこと)と呼ばれていることなど日頃からふざけあっている様子を語った。

キーラン・トリッピアー

「1日に10回は冗談で僕のことを“ルーニー”と呼ぶんだ。でもコスタだからね。みんな面白がってるし、僕は彼がいつも冗談を言ってる感じが好き。

プレミアリーグの時から彼を知っているけど、今まで一緒にプレーした選手で一番面白い。

このチームはすごく良い雰囲気で誰もが冗談を言い合う。その中でも一番面白いのはコスタだね」

また同選手は、スペインの生活にも完璧に順応しているとのこと。「気候や食べ物はイングランドよりも素晴らしい。人々は親切で家族も喜んでいるし感謝している」と語っている。