V長崎 あす天皇杯準々決勝 ホームで甲府とJ2対決

©株式会社長崎新聞社

第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝以降のトーナメント表

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、長崎新聞社など共催)は23日、各地で準々決勝4試合が行われる。V・ファーレン長崎は午後7時から、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で甲府とJ2勢同士の一戦に臨む。
 V長崎はここまで、リーグ戦に出場しているメンバーから、大幅に入れ替えて戦ってきた。2回戦で四国リーグの高知ユナイテッドSCに延長戦、3回戦で日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重にPK戦で競り勝つと、4回戦はJ1の仙台を2-1で破り、クラブ初の8強入りを果たした。
 甲府は2回戦でJ2の岐阜、3回戦でJ1のFC東京、4回戦で法大を倒した。リーグ戦では11位V長崎と勝ち点差5の9位につけており、今季の対戦成績は1勝1敗。今回が決着戦となる。
 手倉森監督は「リーグ戦は互いに厳しい状況に置かれている。勝負師として、男として、何が何でもという気持ちを出さなければいけない相手。是が非でも4強に進みたい」と意気込んでいる。
 このほか、3大会ぶりの優勝を目指すJ1鹿島は、アマチュアで東京ガス以来22大会ぶりの4強入りを狙うホンダFC(静岡)と対戦。残り2試合はJ1勢同士の顔合わせで、大分は神戸、鳥栖は清水と対戦する。