今年の日本シリーズを「パワプロ」で“検証” 勝ったのはホークス、巨人どっち?

©株式会社Creative2

今年の日本シリーズを「パワプロ」でシミュレーション【画像:日本野球機構承認 プロ野球フランチャイズ球場公認 (c)Konami Digital Entertainment】

「パワプロ」を使って日本シリーズのシミュレーション、公式YouTubeチャンネルで公開

「SMBC日本シリーズ2019」は第2戦までが終了。ソフトバンクが本拠地ヤフオクドームで2連勝を飾り、優位に立っている。このまま3年連続の日本一に輝くことになるのか、それとも巨人が巻き返すのか――。Full-Count編集部では、株式会社コナミデジタルエンタテインメントの大人気ゲームNintendo Switch版「実況パワフルプロ野球」(発売中)、通称「パワプロ」を使って日本シリーズのシミュレーションを実施。Full-Count公式YouTubeチャンネルで公開している。果たして、「パワプロ」上ではどちらがシリーズを制したのか。

 パワプロの精密なデータを活用した上で、日本シリーズがどのような結果になるのかを検証した今回の企画。すでに、実際のシリーズでも存在感を見せているホークスの育成出身選手・千賀滉大投手、甲斐拓也捕手、牧原大成内野手らの活躍が光った。20日の第2戦で決勝3ランを放った松田宣浩内野手が、パワプロ上ではサヨナラ弾を放つ試合もあった。

 また、巨人では今季限りでの現役引退を発表している阿部慎之助の豪快なホームランも。こちらも実際のシリーズ第1戦で同じ場面が見られたが、パワプロでの活躍はもっと凄かった。さらに、坂本勇人内野手と菅野智之投手が一緒にお立ち台に上がるという試合も見られた。

 気になる“パワプロ日本シリーズ”の結果は……ソフトバンクが3年連続の日本一に。実際のシリーズではまだ当たりの出てない選手の活躍もパワプロでは見られただけに、「SMBC日本シリーズ2019」の第3戦以降の展開からも目が離せない。(Full-Count編集部)