え? なぜYOSHIKIがラグビー場に? X JAPANとラグビーに接点はあったのか デクラークと「Xポーズ」

©TABLO

画像はYOSHIKI公式ツイッターより

準々決勝日本南アフリカ戦が20日に東京・味の素スタジアムで開催され、3-26で日本は、残念ながら敗れましたが、サプライズゲストにX JAPANのYOSHIKIが登場しました。

この日のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)の南アフリカSHデクラークにトロフィーを渡すプレゼンテーターをYOSHIKIが務めたのです。2人は握手をしっかりと交わした後に、YOSHIKIは、腕を交差させ、「X」のポーズを決めていました。

「Xは無限の可能性という意味を込めたYOSHIKIならではのエールです。13日に日本代表がスコットランドに勝って初の8強入りした時も、そうでした。デクラークは、凛々しさがX JAPANの弟バンドのLUNA SEAの真矢にも似ているので、ツーショットは、ファンの間でも話題になっています。YOSHIKI率いるエクスタシーレーベルの一派は、メンバーもファンもライブ前に、スクラム組んだりしますから、ラクビーとの親和性は高いでしょう」(スポーツ新聞記者)

インスタグラムやツイッターでラグビーワールドカップ観戦のために、東京に向かっていると事前告知していたYOSHIKIは、ラクビーが好きなのでしょうか?

「YOSHIKIプロデュースの『YOSHIKIMONO』の東京コレクション出品、台風で被災した故郷館山での復興ボランティア等、忙しいYOSHIKIですが、ラクビーと自らの人生を重ねている部分は大きいようです。一昨年前に人工椎間板置換手術を受けたYOSHIKIの首は、『引退を余儀なくされたラグビー選手のような強烈なダメージの受けた状態』と医師に言われたと報じられていました」

と語る事情通の週刊誌記者。

「スクラムを組んで、世界のステージに立つX JAPANとワールドカップで活躍した日本チーム重なるところはありますね。ラクビーが生まれたイギリスのエリザベス女王に、『風の悪戯でスカーフ直撃事件』も起こしたYOSHIKIはラクビーとは縁があるんでしょう」(週刊誌デスク)

『進撃の巨人』の楽曲も昨年話題になったYOSHIKI。今後は、ラクビーとの楽曲コラボレーションはあるのでしょうか。(文◎星野純連)