資生堂が限定商品予約日を勝手に前倒し 売り切れ続出で購入できなかった人々の怒りの声

©TABLO

資生堂のセルフメイクアップブランド「マジョリカマジョルカ」が、限定商品の予約開始日を通告なく前日に変えたことで非難を浴びています。

問題となっている商品は、アイシャドウ6色を収めAmazon限定で発売するアイシャドウパレット「マジョリカ マジョルカ ナイストゥミーチュートランク」。

数量限定で11月21日に発売、10月22日に予約開始予定という事が公式サイトの方にも記載してありました。

しかし、実際に予約が開始されたのは予約開始予定日前日の10月21日。そして予定日だった10月22日には在庫切れで予約ができない状態となっていたようです。

通告もせずに予約開始日が前日になってしまったという事で、多くの方が予約できなかったという事態になっています。

予約しなくても購入できるのか、予約の再受付があるのかなど、今後購入する手段が全くないのかは分かりませんが、「楽しみにしてたのに…」と落胆している人も大勢いるようです。

そして、マジョリカマジョルカの公式Twitterなどには、

「21日から予約出来てたんですか…? それならそうと情報を伝えて欲しかったです」
「22日から予約って書いてあったから待ってたのに、なんで前日から予約出来るんですか??? ほんとありえない」
「もう予約できないみたいですね…昨日からできたみたいで、ガッカリです」
「マジョマジョのパレット、22日予約開始って聞いてたのに21日からだったの? それでもう売り切れ? 正直者がバカを見る数量限定? そりゃないよね。資生堂アホなんか」
「いい加減な商売しないでください。再販は難しいでしょうがこの件についてスルーしないでちゃんと説明をお願いします」

といった怒りの声が寄せられていました。

予約開始を心待ちにしていた人たちに対して、この仕打ちはあまりにも不誠実なのではと感じます。

なぜ通知もなく予定日の前日から予約受付を開始してしまったのかは分かりませんが、今後なにかしらの誠実な対応があることを願うばかりです。(文◎絹田たぬき)