大坂なおみ出場のツアー最終戦。27日開幕に向け、出場者8名が全員出揃う

©株式会社WOWOW

「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」(中国・深セン/10月27日~11月3日/室内ハードコート)が、いよいよ開幕まで一週間を切っている。世界ランキング3位の大坂なおみ(日本/日清食品)は、同大会に2年連続2回目の出場だ。

そして、このツアー最終戦のシングルス出場者8名が、以下の通り出揃った。

名前(国籍) 世界ランキング/最終戦シングルス出場回数(今回を含む)

アシュリー・バーティ(オーストラリア) 世界1位/初出場
カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 世界2位/4年連続4回目
大坂なおみ(日本/日清食品) 世界3位/2年連続2回目
ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 世界4位/初出場
シモナ・ハレプ(ルーマニア) 世界5位/5回目
ペトラ・クビトバ(チェコ) 世界6位/2年連続7回目(2011年優勝)
ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 世界7位/初出場
エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 世界8位/3年連続3回目(2018年優勝)

「WTAファイナルズ・深セン」は4名ずつの2グループに分かれリーグ戦を行い、上位2名ずつが決勝トーナメントに進むというルールだ。

大坂は、初出場だった2018年の同大会(2018年はシンガポール開催)では、グループリーグで3戦3敗。3戦目は足の痛みにより途中棄権を余儀なくされ、涙を流した。2度目の挑戦となる今回で、前年の悔しさをぶつけるプレーが期待される。

今年は19歳のアンドレスクが8名の中で最年少。続いて大坂とベンチッチが22歳、世界1位のバーティが23歳と若手が半数を占めている。一方、同大会過去優勝者は29歳クビトバと25歳スビトリーナの2名で、スビトリーナは2連覇を目指す。

さらに、今季4度優勝のプリスコバ、「ウィンブルドン」優勝のハレプといった面々もおり、出場8選手のなかで世界1位経験者は大坂も含めて4名だ。

今シーズン最も高い成績を上げた強豪8選手が、しのぎを削るツアー最終戦「WTAファイナルズ・深セン」。9月に今季2度目の月間最優秀選手に輝いた大坂が、勢いを維持して勝ち上がれるか注目される。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Xinyu Cui/Getty Images)

【スタッフ複数名募集】テニスデイリーではライターを募集しています。

ライター経験を活かしたい方、本格的なライター職の経験を積みたい方、テニスの魅力をあなたの言葉でもっと日本に広めませんか?

■詳しい応募内容はこちら>ご応募お待ちしています!