『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』最後の予告編が世界同時解禁!

©株式会社近代映画社

映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」がついに完結。1977年に第1作が全米で公開されてから42年。スカイウォーカー家の物語を描く、最後の「スター・ウォーズ」となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月20日、日米同時公開となる。

シスの暗黒卿パルパティーン皇帝のセリフが意味するものは?

「それはジェダイの運命 お前の運命だ」
「今こそ・・・お前たちは一つに  終わりが始まる」
今回解禁されたSW最後の予告編では、ルーク・スカイウォーカーを失ったレイが感じている孤独を象徴するかのように、たった独りで走り続けるシーンからスタートする。「誰もが私を理解していると本当は違う」というレイの言葉。「俺には分かる」──その言葉に理解を示し、不安を感じる心の隙間に近づいて来たのは、なんとカイロ・レンだった。映像では光と闇を象徴する2人のファイトシーンはもちろん、共闘し何かを叩き壊す意味深なシーンも。また、ミレニアム・ファルコンやスター・デストロイヤーなどが大集結するカットはファンならずとも鳥肌が立つような壮大なエンディングを予感させる。さらに、併せて解禁となったポスターでは、青いライトセーバーを構えるレイ、そして、ミレニアム・ファルコンを挟んだ背後には赤いライトセーバーを構えるカイロ・レンと“光と闇の戦い”の対立が象徴的に表現されている・・・だが、青と赤、2人のライトセーバーは交わり、青でも赤でもない色の中にレイが佇んでいるなど、世代を超えた“光と闇の戦い”がどんな形で決着するのか?その結末へ様々な憶測が飛び交い、期待が高まっている。 そして伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは姿を現さないが、「それはジェダイの運命。お前の運命だ」とレイに語りかける。伝説のジェダイが見据える結末とは―?また、シスの暗黒卿パルパティーン皇帝の「ずっと待っていた・・・今こそ・・・お前たちは一つに 終わりが始まる」というセリフはスカイウォーカー家、そしてレイとカイロ・レンの運命の決着へ何を示しているのか?

全エピソードに唯一出演している生きるレジェンド、アンソニー・ダニエルズが演じる人気ドロイドC-3POの「最後にもう一度だけ 友人たちに」という、仲間たちへ別れを告げるかのような意味深なセリフと、映像のラストで目を涙で潤ませながらライトセーバーを構えるレイに対し優しく語りかけるルークとレイアの「May the Force be with you. Always」という名セリフは全世界のファンの胸に突き刺さる。ファンにとっても長年の友となったキャラクター達に別れを告げる時が近づいているのか―。果たしてジェダイの運命の結末とは?長きに渡り語り継がれてきた伝説の<完結編>、終わりが始まる。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
2019年12月20日(金)全国ロードショー
ウォルト・ディズニー・ジャパン配給
(C)2019ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.