【日本S】鷹デスパイネが2安打3打点、第1、2戦は無安打も「自信を持って試合に臨んだ」

©株式会社Creative2

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ【写真:藤浦一都】

3回に中前適時打、4回には試合を決める左前2点打を放つ

■ソフトバンク 6-2 巨人(日本シリーズ・22日・東京ドーム)

 ソフトバンクは22日、東京ドームで行われた巨人との日本シリーズに6-2で快勝。3連勝として3年連続日本一に王手をかけた。第1、第2戦は無安打に終わった主砲のデスパイネが3回に中前適時打、4回に左前2点打と、2安打3打点の活躍で勝利に貢献した。

 DHが採用されないセの本拠地球場で「4番・左翼」で出場。第1、第2戦にDHで出場しながら無安打に終わっていたデスパイネは燃えていた。1-1の3回2死一、二塁で勝ち越しの中前適時打。再び同点に追いつかれた4回、長谷川勇の犠飛、柳田の押し出し四球で2点リードを奪って迎えた2死満塁での第3打席で試合を決める左前2点打を放った。

 ようやく仕事を果たしたデスパイネはお立ち台で「チームが勝っていたことで自分のモチベーションもあがっていた。『打てる』と自信を持ってこの試合に臨んだ」と胸を張った。
 
 2本の安打はいずれも大振りではなく、コンパクトなスイングで仕留めた。「得点圏にいる走者をかえす気持ちで打席に入った。次も勝って4連勝できるように頑張る」。主砲は力強く語った。(Full-Count編集部)