特集:スポーツと沼津(1)

©株式会社VOTE FOR

■スポーツと沼津
◆スポーツと沼津の関係
東京2020オリンピック・パラリンピック開催まであと1年を切り、全国的にスポーツへの関心が高まっています。こうしたなか、本市がにぎわいあふれるスポーツのまちを重点施策のひとつに掲げ、様々な取り組みを進めているのを皆さんはご存知ですか。

多くのサイクリストを惹ひきつける美しく豊かな自然環境を活かし、交流人口の拡大や他市町と連携した広域的な観光経済の活性化を図るため、サイクルステーションの整備やバイシクルピットの設置、サイクルイベントの開催など、サイクリストに愛される環境づくりに取り組んでいます。

また、沼津をホームタウンとし、地域に根ざした活動を続けるJ3アスルクラロ沼津と協定を結び、ホームゲームの観客数増加に向けたイベントの開催やホームタウン活動の支援など、スポーツを通した活気あるまちづくりの推進に向けて、アスルクラロ沼津と共に歩みを進めています。

さらに、沼津では部活動やクラブチームなど様々な年代の人がフェンシングに親しんでいることから、フェンシングを通したまちづくりを進めるため、日本フェンシング協会と協定を結んでいます。フェンシングの国際大会・全国大会やナショナルチームの合宿の招致を進めるとともに、国際大会金メダリスト輩出に向けた発掘・育成プログラムを進めています。

その他にも、スポーツを通したまちづくりには、皆さんの健康増進、子どもたちの健やかな成長、世代間の交流、地域への愛着形成など様々な効果が期待されます。

スポーツを通したまちづくりの実現には行政だけでなく、市民の皆さんを含めた市全体の盛り上がりが欠かせません。皆さんが沼津のスポーツを身近に感じることが、まちを盛り上げる一助になります。
スポーツを通して誇り高い、元気なまち沼津を実現しましょう。

◎応援したくなる青がある。

◆沼津の誇りアスルクラロ
「この街の誇りレッツゴー沼津ー♪」
アスルクラロ沼津のホームスタジアムである愛鷹広域公園多目的競技場に、チャント(サッカーチームの応援歌)が響き、スタジアムはチームカラーの青に染まります。
沼津を拠点に活動し、2017年からJリーグに参入したアスルクラロ沼津。本市では、協働による地域の発展のため、アスルクラロ沼津とパートナーシップ協定を結んでいます。互いに手をとり、スポーツ振興や市民の皆さんの生きがいづくり、子どもたちの健全育成などに取り組んでいます。
「応援していると沼津がひとつになっているのを感じられるんです」と話すのは、親子でチームを応援しているNさん。自分が生まれ育ったまちのチームだからとJリーグ参入前から応援しているそうです。「沼津のチームに頑張ってほしいからスタジアムで大きな声援を送るんです。チャントにあるようにこの街の誇りですからね」と熱く語ってくれました。
サポーターの応援を背に受け、リーグ優勝を目指す選手たちは「愛鷹での応援は何よりも力になります。一つでも順位を上げ、沼津の名を全国に轟とどろかせたいです」と語ってくれました。
市全体でアスルクラロ沼津を応援し、盛り上がりをみせることで、沼津がさらに活気あるまちになることが期待されます。
9月15日にはホームスタジアムで市民無料招待試合が開催されます。この機会に沼津の誇りであるアスルクラロ沼津をスタジアムで応援しませんか。

●市民無料招待試合の詳細は、アスルクラロホームページをご覧下さい。
【HP】https://www.azul-claro.jp/