「ありがとう」「ごめんなさい」…令和になって“言った回数”が多いのは、どっち?

©ジグノシステムジャパン株式会社

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。10月22日(火)の「社会人意識調査」のテーマは「令和になって『ありがとう』と『ごめんなさい』どっちが多いですか?」。はたして、その結果は……?
(TOKYO FM「Skyrocket Company」2019年10月22日(火)放送より)

番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(右)と秘書・浜崎美保(左)

Q.令和になって「ありがとう」と「ごめんなさい」どっちが多いですか?

ありがとう  79.1%
ごめんなさい 20.9%
(回答数:494票)

◆「ありがとう」に関する意見
「令和は、赤ちゃんを授かることから始まりました。つわりやお腹の張り、産休がとれるか……など、いろいろとゴタゴタしたけど、何より、結婚した人が“彼で良かった”と思える日々です。本当にありがとう!」(東京都 28歳 女性 看護師)

「接客業をしているので、仕事の日では、100回前後『ありがとうございます』とお礼を伝えています」(東京都 35歳 男性 会社員)

「昔は自己嫌悪の塊で、生きているだけで『ごめんなさい』みたいなところがありました。が、歳を取るにつれて、自分を認めてくれる人や、居心地のいい人を信じて付き合うようになり、今は『ありがとう』が多めです」(神奈川県 48歳 女性 自営業)

◆「ごめんなさい」に関する意見
「新入社員です。仕事で小さなミス、大きなミスを度々起こしてしまい、いつも『すみません……』と謝ってばかりです。先輩や上司にフォローしてもらいながら、なんとか働いています」(埼玉県 23歳 女性 会社員)

「『ごめんなさい』より『ありがとう』を言っていたほうが、世の中は幸せになる気がする……けど、仕事柄、急な修理などが多いので『ごめんなさい』対応が多いかな?」(千葉県 33歳 男性 会社員)

「結婚してから『ごめんなさい』しか言っていない気がします」(大阪府 35歳 男性 自営業)

番組リスナーの投票による結果は「ありがとう」が79.1%、「ごめんなさい」が20.9%となりました。今年の5月1日から始まった令和ですが、早くも半年が経とうとしています。あなたにとって、令和はどんな時代になりそうですか?

【女性は「ありがとう」が8割超え】
男女別で見てみると、「ありがとう」と答えた人の割合が男性では77.1%、女性では82.4%となりました。世代別で「ありがとう」と答えた人の割合を見てみると、20代では70.3%、30代では79.1%、40代では80.3%、50代では82.4%となっています。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年10月30日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co