皇位継承策議論先送りを一斉批判

野党各党、「歴史に対する責任」

©一般社団法人共同通信社

 安定的な皇位継承策を巡り野党各党は23日、政府内で浮上している議論先送りを一斉に批判した。立憲民主党の枝野幸男代表は国会内で記者団に「一日も早く議論を始めることが歴史に対する責任だ」と述べた。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者会見で、有識者会議の早期設置を求め「速やかに議論を開始すべきだ。先送りは絶対に許されない」と強調した。

 玉木氏は「皇統の安定的な継承が危機的な状況に陥っている。今からさまざまな議論をしなくてはいけない」と主張。共産党の穀田恵二国対委員長も「政府は先延ばしして、こそこそとやろうとしている」と非難した。