ゴルフ、石川アルバトロスで弾み

ZOZOチャンピオン最終調整

©一般社団法人共同通信社

プロアマ戦の18番でアルバトロスを達成し、笑顔の石川遼=習志野CC

 男子ゴルフで米ツアー日本初開催となるZOZOチャンピオンシップの開幕を翌日に控えた23日、千葉県の習志野CCでプロアマ戦などが行われ、タイガー・ウッズ(米国)や松山英樹、石川遼ら出場選手がコースを入念に確認した。

 2年ぶりの米ツアー大会に心躍らせる石川はプロアマ戦で「生まれて初めて」というアルバトロスを達成。パー5の18番で第2打を鮮やかにカップインさせ、「まさかこんな週にできるとは思わなかった」と弾みをつける一打を喜んだ。

 松山はプロアマ戦の後にショットなどを丁寧にチェック。ウッズもリラックスした表情でコースを回った。