愛知県、補助金巡り不服申し出へ

トリエンナーレで文化庁に

©一般社団法人共同通信社

 愛知県の大村秀章知事は23日、県庁で記者会見し、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」への補助金を不交付とした文化庁に対し、補助金適正化法に基づく不服申し出を24日に行うと発表した。大村知事は裁判で争う方針も既に明らかにしており「作業は粛々と進めたい」とした。

 会見では文化庁が「県の申請手続きの不備」を不交付決定の理由としたことに「適正な手続きに従って進めている」と強調。文化庁は電話での問い合わせやヒアリングのみで現地確認をしておらず、審査や調査が尽くされていないと主張した。

 また、一部の展示中止で全体を不交付としたのは裁量権の逸脱とした。