橋本環奈、上白石萌歌、萩原利久とともにディズニー満喫で大反響!

©メディアシンク株式会社

女優の橋本環奈(20)が、女優の上白石萌歌(19)、俳優の萩原利久(20)とともにディズニーランドを訪れたことを明かした。

橋本は20日にツイッターを更新し、「先日、萌歌と利久とディズニーランドに行ってきました」と報告。「先月行こうとしてたけどスケジュール合わず、ようやく行けました。さいっこうでした」と念願のディズニーランドだったことを明かした。

橋本と上白石は映画『ハルチカ』で共演、橋本と萩原は映画『十二人の死にたい子どもたち』で共演、上白石と萩原はドラマ『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』(日本テレビ系)でそれぞれ共演し、仲がいいことで知られているが、このディズニーランドでは「スティッチエンカウンターでスティッチ様に、帽子三人組っていじって頂きました。エモい」と堪能したことを告白。さらに次の投稿では、「デニムにおそろのハート。」と服装も揃えたことも明かし、「次は三人でディズニーシーに行きます」と男女を超えた友情を育んでいることを示唆していた。

この投稿に橋本のツイッターには、「利久くんが羨ましすぎる!」「豪華過ぎる!」といった声が集まっていたが、一方でネットからも、「普通にいてもバレなさそうだね」「若手俳優と堂々と遊んでいいんだね」という感嘆の声も集まっていた。

若手女優といえば、若手俳優との交流は厳禁と思われがちだが、今回の投稿で堂々ディズニーランドに行っている姿に驚くネットユーザーも多かったようだ。