新しいセガ・モデルの初音ミク&鏡音リンがリアルライヴ初登場! まらしぃ&ミク&リンのLIVEメインビジュアルも公開!

©有限会社ルーフトップ

人気のヴァーチャル・シンガー初音ミクと鏡音リンが、 総再生数6億回を超える大人気のピアニスト・まらしぃと初共演する。

11月17日(日)にカルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホールで行われるKawasaki Jazz 2019「まらしぃ with 初音ミク、 鏡音リン」は、 まらしぃによるソロピアノで構成される第1部、 そしてまらしぃの演奏するピアノに、 初音ミクと鏡音リンがシンガーとして加わる、 スペシャル・ライヴセットという、 2部構成で行われる。

第2部は、 まらしぃのオリジナル曲を中心に、 有名ボカロ曲なども盛り込んだ10曲程度が演奏される予定だ。

また、 今回初音ミクと鏡音リンは、 セガゲームスの新作スマートフォンゲームプロジェクト「プロジェクトセカイ」で使用されるミクとリンの新CGモデルを採用。 リアルライヴでは初めて登場するかたちとなる。 さらに初音ミクの公式イラストレーターの一人iXimaによる、 ミク、 リン、 まらしぃのシンボルであるサルのキャラクターが描かれたオフィシャルメインビジュアルが公開された。 ライヴ当日は、 このメインビジュアルや、 過去iXimaが手掛けてきたスペシャルイラストを用いたグッズも販売される(ラインナップは近日公開予定)。

なお、 「プロジェクトセカイ」モデルの初音ミクやヴァーチャル・シンガーを起用したイベントは、 このKawasaki Jazzを皮切りに、 日本コロムビアによって定期的に開催予定となっており、 「Live Session!」シリーズと題し、 さまざまなアーティスト・声優・ヴァーチャル・シンガーの組み合わせで展開していく予定だ。