アドビ、働き方改革をテーマにしたカンファレンス「BEYOND」を開催

©株式会社BCN

アドビ システムズ(ジェームズ・マクリディ社長)は、働き方改革をテーマにしたビジネスパーソン向けカンファレンス「BEYOND」を東京・品川の寺田倉庫B&C HALLで10月2日に開催した。経営者やマネージメント層など300人近くのビジネスパーソンが参加した。

今回のカンファレンスでは、クラウドベースのドキュメント管理ソリューション「Adobe Document Cloud」を核に、これまでのPDFの使い方を超えた(BEYOND)「もう一歩先のビジネスの世界をAdobe Document Cloudで」をテーマに、デジタル化によるドキュメント業務の効率化とワークフロー変革による従業員や顧客体験の向上について、先進企業の事例を交えて紹介した。

冒頭、マーケティング本部 デジタルメディアの北川和彦・ビジネスマーケティング執行役員が登壇し、「多くの方は、アドビについて、Photoshopなどのソフトウェアのメーカーだというイメージが強い。もちろん、ソフトウェアを提供しているが、今アドビは素材の収集から加工、管理、分析まで一連のワークフローを提供できる会社に進化している。今回のイベントでそれを感じてほしい」と、あいさつした。

北川和彦・ビジネスマーケティング執行役員

その後の基調講演では、米国本社から来日したAdobe Document Cloudプロダクトマーケティング担当のマーク・グリリ・バイスプレジデント(VP)が登壇。業務効率化におけるAdobe Document Cloudの強みと、AIを活用した今後の製品戦略について紹介した。

グリリVPは「デジタル化が働き方を変えている中、IDCの調査によるといまだドキュメント業務の80%に紙が使われている。Adobe Document Cloudを活用してもらい、業務効率化を支援したい」と話した。

マーク・グリリ・バイスプレジデント

紙のドキュメントを多く使う企業は、顧客満足度に対してマイナスな影響がある上に、社員に大きな業務負荷をかけていると指摘。さらに、通常、紙の文書や写真をスキャンしてデジタル化する場合、デジタル化したデータをカット&ペーストして別のドキュメントに貼らなくてはならず、手間も時間もかかってしまうことを指摘した。その上でグリリVPは「アドビはAIを使うことでワンクリックで実現できるようにした」という。

今後の機能追加については「ウェブ上でPDFの作成/編集ができるように機能を拡張する。編集がワンクリックでできるようにしていく。これは間もなく実装できる」と語った。

さらにモバイル体験も重視していく。「数年前、ウェブにアクセスしていたデバイスの95%がデスクトップだったが、今や半数がスマートフォンやタブレット端末。しかし、スマートフォンでPDFを閲覧するには、ピンチ&ズームをしないと文字を確認しにくい。この課題を解決し、自動でPDFの文字を読みやすいようにする。これも間もなく実装できる」と話した。

このほか、PDFから必要な情報を見つけやすくするための検索機能、エコシステムとしてAPIやSDKを提供していく計画だという。グリリVPは「パートナーの得意分野とアドビの得意分野を組み合わせることで、ロイヤリティーが上がり、顧客に真のエクスペリエンスを提供できるようになるだろう」と語った。