釜石のW杯試合中止で損失1億円

台風19号で、岩手

©一般社団法人共同通信社

ラグビーW杯のナミビア―カナダ戦が中止となった釜石鵜住居復興スタジアム=10月13日

 釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)で13日に予定されていたラグビー・ワールドカップ(W杯)のナミビア―カナダ戦が台風19号の影響で中止となったことに伴い、バスの借り上げ費用などの損失額が約1億円に上ることが24日、県への取材で分かった。県と市で組織する開催実行委員会の予算で対応する。

 県ラグビーW杯2019推進室によると、1億円の内訳は(1)バス200台の借り上げ料約3千万円(2)警備員ら人件費約2千万円(3)観客に払い戻すバス代約750万円―など。

 大会組織委からの補償はない。実行委の大会運営準備費約8億9千万円から支払う。