ワイトリシティが韓国の電気自動車市場向けワイヤレス充電装置の開発でグリーン・パワーに技術をライセンス

©ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

グリーン・パワーはワイトリシティの知的財産と設計を基盤に電気自動車向けワイヤレス充電インフラを開発へ

米マサチューセッツ州ウォータータウン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 非接触ワイヤレス電力伝送業界のパイオニアであるワイトリシティは、グリーン・パワーとライセンス・技術移転契約を締結しました。韓国を拠点とするグリーン・パワーは、多様なアプリケーション向けにパワーエレクトロニクス製品と高性能ワイヤレス充電装置を供給する有力企業です。今回の契約により、グリーン・パワーはワイトリシティの革新的な技術と参照設計を活用して、電気自動車(EV)向けワイヤレス充電装置を実現できます。韓国の自動車メーカーは、現代自動車によるワイトリシティのワイヤレス充電技術の公開デモや自動駐車コンセプトのビデオに見られるように、ワイヤレス充電対応電気自動車の導入活動における世界的リーダーであることが明らかです。

グリーン・パワーはその提供製品の基盤としてワイトリシティのDRIVE 11参照設計を活用することになります。これは従来のプラグイン式電気自動車向け充電器と同等かそれを超える効率と速度で11 kWの電力を供給するもので、妥協することなく素晴らしいユーザー体験を生み出すことができます。

ワイトリシティのDRIVE 11参照設計は、今後の SAE、ISO/IEC、GB(中国)の国際規格に準拠することになります。こうした標準化によって相互運用性が実現することで、ワイヤレス充電エコシステムにとって劇的な成長の基盤が整います。ティア1/2サプライヤーとインフラサプライヤーは、各社の規格準拠製品が相互に確実な動作を示すとの自信をもって、市場投入を行うことができます。

グリーン・パワーのJung G. Cho最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちはワイヤレス充電が重要機能となり、電気自動車市場の成長を促進するものと期待しています。グリーン・パワーはワイヤレス充電インフラの一流サプライヤーになることを狙っています。ワイトリシティと協力して、ワイトリシティの特許取得済み技術を活用し、これらの電気自動車向けワイヤレス充電装置を可能な限り迅速に市場投入できることを誇りに思います。」

ワイトリシティのAlex Gruzen最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは韓国で達成しようとしている前進に感激しています。韓国は世界一流の自動車メーカーが電気自動車を普及させる上での戦略的市場となっています。グリーン・パワーは、電気自動車向け充電装置の研究用試作品の実現に成功するなど、ワイヤレス電力伝送装置の広範な知識と専門技術をもたらしてくれます。今回の契約はワイヤレス充電を商業化するためのワイトリシティの知的財産、技術、ノウハウの重要性を認めるものです。」

__グリーン・パワーについて
__韓国を拠点とするグリーン・パワーは、ワイヤレス電力伝送における世界的技術リーダー企業です。1998年設立の当社は16年以上にわたり、資材運搬設備向けにワイヤレス電力伝送装置(1kW\-300kW)を開発・供給してきました。またグリーン・パワーは、電気乗用車、電気バス、路面電車、港湾設備などの多様なアプリケーションを対象に、1kW\-1000kWのワイヤレス充電装置を適用してきた広範な研究開発経験を持っています。グリーン・パワーが開発したワイヤレス充電装置を搭載した電気バス6台が、2012年から韓国で運用されています。

__ワイトリシティについて
__ワイトリシティは、特許取得済みの磁気共鳴技術を使って非接触ワイヤレス充電ソリューションを開発しています。ワイトリシティは世界のトップ自動車メーカーやティア1サプライヤーと協力して、EVワイヤレス充電を導入し、電化・共有化・自律化された未来の実現を支援しています。ワイトリシティがEV充電を簡単にスムーズにハンズフリーに行えるようにしている[方法をご覧ください](https://cts.businesswire.com/ct/CT?id=smartlink&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DFxlGPz4kyZw%26t%3D2s&esheet=52114656&newsitemid=20191024005544&lan=ja-JP&anchor=%26%2326041%3B%26%2327861%3B%26%2312434%3B%26%2312372%3B%26%2335239%3B%26%2312367%3B%26%2312384%3B%26%2312373%3B%26%2312356%3B&index=4&md5=9a0ed22d6b08d56da53ecc6c4be9be2b)。ワイトリシティの[詳細はこちらです](https://cts.businesswire.com/ct/CT?id=smartlink&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D4UcJZqR9sUc%26t%3D78s&esheet=52114656&newsitemid=20191024005544&lan=ja-JP&anchor=%26%2335443%3B%26%2332048%3B%26%2312399%3B%26%2312371%3B%26%2312385%3B%26%2312425%3B%26%2312391%3B%26%2312377%3B&index=5&md5=8a6bd6d2ca830f0b6633e53dd56014d8)。

最近行ったクアルコム・ハロIPポートフォリオの買収により、ワイトリシティはEVワイヤレス充電技術を自動車メーカーやティア1サプライヤーに提供する「頼りになる」企業としての立場を強化しました。既に公表されているライセンシーには、トヨタ、アプティブ(元デルファイ)、マーレ、TDK、IHI、新電元工業、ダイヘン、BRUSA、Anjie Wireless、ユラ、VIEがあります。世界的な投資企業には、クアルコム、トヨタ、インテル・キャピタル、デルタ・エレクトロニクス・キャピタル、フォックスコン、シュルンベルジェが含まれます。またワイトリシティは、ワイヤレス充電システムの世界的標準の策定を推進すべく、主要自動車メーカーと直接協業しています。標準策定のイニシアチブには、SAEインターナショナル、国際電気標準会議(IEC)、国際標準化機構(ISO)、STILLE、中国自動車技術研究センター(CATARC)、中国電力企業連合会、中国電力科学研究院(CEPRI)が関係しています。

当社のサイトをご覧になるか、フェイスブックツイッターリンクトインで当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

WiTricity – Version 2.0 Communications
Allison Webster
617-426-2222
witricity@v2comms.com