楽しくてカンタン!ハロウィンメイクにチャレンジ♪

©北海道文化放送株式会社

ハロウィンの季節がやってきました!年々盛り上がるハロウィンですが、
イベントやパーティーに参加して、友だちとワイワイ盛り上がりたいですよね。
「ハロウィンメイクもやってみたい」「どうやってやるのか道具もイマイチわからない」という人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、『とってもカンタンなハロウィンメイク』をご紹介します♪

超カンタン!アイシャドウでアザを作ってみましょう♪

ハロウィンらしく”ゆるコワ”なメイクにかかせないのがアザ!

①アザの作り方
アイシャドウの赤と青を用意しましょう。100円ショップのコスメでオッケーです。赤いシャドウを指で取り、作りたいところを中心に楕円に広がるようにぼかしていきます。中心は濃くなるように重ねていきます。同じように青のシャドウも指で取り、ランダムに重ねていきます。これでオッケー♪
ウデに作ったり、口の横や顔に作ったりしてみましょう!

ちょっぴりホラーな「口裂けメイク」で気分アゲ!

「どうせなら思いっきり目立つメイクがしたい!」という猛者の方必見♪

②口裂け
血色が悪くなるように唇もファンデーションを塗っちゃいましょう。失敗しないように下書きとしてブラウンのペンシルアイライナーで、口を閉じたまま左右に2センチづつ伸ばします。糸で縫ったような縦線を5ミリ間隔で描きましょう。
上手に見えるコツは、唇の部分は中心から若干ナナメに描き、口からはみ出るところは縦に描きましょう。
バランスが良ければ黒のリキッドアイライナーでしっかりと上から描きましょう。
唇の内側を黒のシャドウでぼかすと雰囲気が増します!

リアルが盛り上がる!ティッシュで傷を作りましょう♪

友だちみんなでメイクをし合うのも楽しいですよね♪

③ティッシュでリアルな傷・ケガ
用意するものは、つけまつげのり、ティッシュペーパー、赤いリップ、ブラウンやパープルのダークなシャドウ。
少し難しいですが傷メイク作ってみましょう~。
上手にできるコツは、ティッシュを細かくちぎることと、ダークなシャドウを使うことで立体感アップ!皮膚の感じがよりリアルになります。

≪作り方≫
①傷を作りたい部分につけまつげのりを塗ります。(肌の弱い人はファンデーションをベースにしっかりつけてから行いましょう)
②小さくちぎったティッシュペーパーをのりの上にのせていきます。
③赤いリップを筆か綿棒に取って、ティッシュの白が見えなくなるようにのせていきます。
④ブラウン、パープル、黒などのダーク系の暗いシャドウを、綿棒でランダムにのせ、リアルに見えるように陰影や濃淡をつけて仕上げます。
⑤100円ショップで血のりも売ってるので、上から足すとよりリアルになりますよ。

ペイントでかわいいハロウィンメイク

100円ショップで売っているステンシルシールを使って簡単にペイントができちゃいます。好きなところにシールを貼って、アイシャドウを使ってしっかり色をのせていきます。ラメを使ったりグラデーションにしてもかわいいです♪

ハロウィンを楽しんで北海道の寒さを吹き飛ばそう♪

ポイントメイクに帽子をかぶったり、動物の耳をつけたり、パンプキンシールを顔に貼ったり、自分が楽しんでできる簡単なハロウィンメイクで、「いつもと違う自分」に変身!寒さに負けずイベントやパーティーに参加して楽しみましょうね♪