ゴールドグラブ賞の最終候補者が発表 カージナルスから最多6人

©MLB Advanced Media, LP.

日本時間10月25日、各ポジションで優れた守備を見せた選手に贈られるゴールドグラブ賞の最終候補者(各リーグ各ポジション3名)が発表された。ここではその最終候補者54名を一気に紹介する。受賞者は日本時間11月4日に発表予定。なお、各選手のチーム名の後ろの数字は該当ポジションでの守備防御点(Defensive Runs Saved)を表しており、データはFanGraphsによるものとなっている。

アメリカン・リーグ

◆投手
ホゼ・ベリオス(ツインズ:0)
マイク・リーク(マリナーズ:2)
ルーカス・ジオリト(ホワイトソックス:3)
※リークはシーズン途中でダイヤモンドバックスへ移籍

◆捕手
ダニー・ジャンセン(ブルージェイズ:12)
クリスチャン・バスケス(レッドソックス:5)
ロベルト・ペレス(インディアンス:29)

◆一塁手
ユリ・グリエル(アストロズ:0)
マット・オルソン(アスレチックス:13)
ジャスティン・スモーク(ブルージェイズ:-3)

◆二塁手
ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ:-2)
DJレメイヒュー(ヤンキース:5)
ヨルマー・サンチェス(ホワイトソックス:11)

◆三塁手
アレックス・ブレグマン(アストロズ:7)
デービッド・フレッチャー(エンゼルス:5)
マット・チャップマン(アスレチックス:18)

◆遊撃手
マーカス・セミエン(アスレチックス:5)
アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス:14)
フランシスコ・リンドーア(インディアンス:9)

◆左翼手
ロビー・グロスマン(アスレチックス:4)
アレックス・ゴードン(ロイヤルズ:1)
アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス:-3)

◆中堅手
ケビン・キアマイアー(レイズ:13)
マイク・トラウト(エンゼルス:-1)
ジャッキー・ブラッドリーJr.(レッドソックス:-1)

◆右翼手
コール・カルフーン(エンゼルス:-1)
ムーキー・ベッツ(レッドソックス:15)
ジョシュ・レディック(アストロズ:9)

ナショナル・リーグ

◆投手
ジャック・フラハティ(カージナルス:3)
ザック・グレインキー(ダイヤモンドバックス:4)
アーロン・ノラ(フィリーズ:5)
※グレインキーはシーズン途中でアストロズへ移籍

◆捕手
オースティン・ヘッジス(パドレス:22)
ヤディアー・モリーナ(カージナルス:2)
J.T.リアルミュート(フィリーズ:11)

◆一塁手
クリスチャン・ウォーカー(ダイヤモンドバックス:9)
ポール・ゴールドシュミット(カージナルス:4)
アンソニー・リゾー(カブス:3)

◆二塁手
オジー・アルビーズ(ブレーブス:8)
コルテン・ウォン(カージナルス:14)
アダム・フレイジャー(パイレーツ:6)

◆三塁手
ノーラン・アレナード(ロッキーズ:8)
アンソニー・レンドン(ナショナルズ:2)
ジョシュ・ドナルドソン(ブレーブス:15)

◆遊撃手
ポール・デヨング(カージナルス:14)
トレバー・ストーリー(ロッキーズ:17)
ニック・アーメッド(ダイヤモンドバックス:18)

◆左翼手
フアン・ソト(ナショナルズ:1)
デービッド・ペラルタ(ダイヤモンドバックス:10)
ハンター・レンフロー(パドレス:7)

◆中堅手
ビクトル・ロブレス(ナショナルズ:22)
ロレンゾ・ケイン(ブリュワーズ:20)
ハリソン・ベイダー(カージナルス:13)

◆右翼手
ブライス・ハーパー(フィリーズ:9)
ジェイソン・ヘイワード(カブス:7)
コディ・ベリンジャー(ドジャース:19)