香典配布、個人に説明責任と与党

国会審議への影響懸念も

©一般社団法人共同通信社

 与党は25日、選挙区内の有権者に秘書が香典を渡した公選法違反疑惑が浮上した菅原一秀経済産業相の事実上の更迭に関し「説明責任は政治家個人が果たすべきことだ」(森山裕自民党国対委員長)として、菅原氏の対応を見守る姿勢を示した。国会審議への影響を懸念する声も上がった。

 森山氏は記者団に「説明が足りなければ、菅原氏はまた説明すると思う」と強調。25日の衆院委員会審議が全て取りやめになったことには「極めて遺憾。今後ないように内閣は努力してほしい」と苦言を呈した。

 自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「潔白というなら、疑念を晴らすよう自身で努力すべきだ」と述べた。