■ 天皇賞・秋「カス丸の競馬GⅠ大予想」  アーモンドアイは「絶対」なのか

©株式会社ジェイ・キャスト

カス丸はーい、ぼくカス丸きゃすう。3歳三冠も終わって、いよいよ秋のGIも真っ盛りだじぇい。先週の菊花賞は珍しくカスヨ姉さんが◎△〇で三連単、カス丸も▲◎〇で三連複当てたよ。この調子でいくきゃすう。今週は天皇賞(2019年10月29日、東京競馬場、芝2000メートル)。カスヨさんは半年に一回しか当たらないから、もう秋はムリだけど、カス丸は当て続けるじぇい。

カスヨカス丸、いい加減にしなさい。あとでお仕置きだからね。穴狙いのわたしだって、当たるときは続けて当たるのよ。とくに今年の秋の天皇賞は自信たっぷりよ。

カス丸ふーん、でも穴狙いだから「絶対王者」アーモンドアイが本命◎じゃないよね?

アーモンドアイが届かないケースとは

カスヨカス丸も口のきき方が生意気になってきたわ。爺の血を継いでるから仕方ないわね。さて、わたしの本命はワグネリアンよ。去年のダービー馬。といっても、2400メートルのダービーより2000メートルの天皇賞のほうが距離はベストよ。前走の札幌記念(GII、札幌、2000メートル)では前脚が両方とも落鉄(蹄の下につける蹄鉄が落ちること)するアクシデントがあったなかで4着よ。底力はトップクラス。前にも行けるし、中団からも行けるし、自在性が強みだわね。

カス丸爺は「絶対王者」アーモンドアイが本命だよ。やっぱり強いきゃすう?

ガジュマル爺前走の安田記念(GI、東京、1600メートル)ではスタートで大きな不利があったんじゃが、さすがにこの馬だけはタイム差なしの3着に追い上げたんじゃ。まあ、それまではGI5連勝。なみの馬でないことは誰もが認めるところじゃ。そもそも欠点らしい欠点がないんじゃから、負ける理由が見当たらんわけじゃ。今回は出走16頭のうち、10頭がなんとGI馬なんじゃが、ダントツにアーモンドが実績ナンバーワンじゃ。ケチのつけようがないんじゃ。

カスヨべたぼめね、爺は。でも私はアーモンドは単穴▲よ。対抗〇はダノンプレミアム。その安田記念なんだけど、ユタカちゃん(武豊)が乗ったロジクライがスタート直後に大きく左に斜行して、隣の4頭が大きい不利を受けたのね。そのなかにアーモンドとダノンプレミアムがいたんだけど、すぐ隣だったのがダノンプレミアム。腰をがっくり落とす感じになって、鞍上の川田ちゃんがケガを心配して最後まで流す程度にしたわ。安田記念はアーモンドとダノンとの「世紀の一騎打ち」とみられたのに、台なしだったレースよ。ユタカちゃんは去年のこの天皇杯でもマカヒキに乗って、スタート直後に1番人気だったスワーヴリチャードにぶつかっったのね。結局、スワーヴは10着。ユタカちゃんとマカヒキのコンビは今回も出てるけど、何もないことを祈るばかりだわ。話がそれちゃったけど、そんなわけでダノンプレミアムとアーモンドアイとの対決はここに延期になったかたちになったわけ。おそらくレースはアエロリットがこれまでにない速さで先頭を突っ走ると思うわ。これはアエロリットがアーモンドアイに勝つためには、これしかない戦法ね。後ろの馬たちに脚を使わせてスタミナを奪い、自分はぎりぎり粘って勝つ。だからアエロリットの後ろから来るアーモンドアイは届かない可能性があるわ。一方で、先行してレースができるのがダノンプレミアムよ。アエロリットのスピードに乗って、なおかつ最後はアエロリットを捕まえるスピードで走れる馬はダノン以外に今回のメンバーには見当たらないのよね。ダノンは4月のマイラーズカップ(GII、京都、1600メートル)で2番手につけ、最後の上がり3ハロン(600メートル)を32秒2で走ったわ。先行馬にこんなスピードで走られたら、後ろから来る馬はまったく歯が立たないわね。それができるのがダノンなのよ。ただ、安田記念から直行した馬は天皇賞での成績があまりよくないのね。ダノンもアーモンドも安田記念組だから、そこはちょっと気がかりね。

カス丸爺の対抗〇は、去年、武騎手に不利を受けたスワーヴリチャードだじぇい。

3歳サートゥルナーリアは?

ガジュマル爺まあ、そんなわけで去年はうまくいかなかったんじゃが、スワーヴは去年の天皇賞を除けば成績が安定しとるんじゃ。それと2000メートルの成績がいいし、左回りのコースが得意なんじゃ。前走が宝塚記念(GI、阪神、2200メートル)組というのも、天皇賞で好成績につながるいいローテーションじゃな。それとわしの単穴▲はアエロリットじゃ。さっき、カスヨが詳しく話しておったが、前に行けるこの馬は他のどの馬よりも有利じゃろ。安田記念を走った後に休み明けの今月、毎日王冠(GII、東京、1800メートル)で2着。いわゆる一回叩いての本番じゃ。今度はもっと粘っこく走るはずじゃ。

カス丸3歳のサートゥルナーリアはダメきゃすう?

ガジュマル爺わしは押さえ△じゃな。秋の天皇賞は3歳にはハードルが高いんじゃ。サートゥルナーリアはもちろん、3歳の代表格じゃが、古馬(4歳以上)の超一流がこれだけそろった今回は、なかなか勝つのは難しいかもしれん。じゃが、押さえは必要じゃな。あと、わしの押さえはユーキャンスマイルじゃ。長距離に強いイメージの馬じゃが、9月に新潟記念(GIII、新潟、2000メートル)で勝っておる。この距離でもうまく立ち回れば、馬券に絡むことは可能じゃろ。

カスヨ秋の天皇賞はね、だいたい7番人気以内で馬券が決まるのよ。カタいレースなのね。だから穴狙いのわたしの出番じゃないんだけど、あえて穴馬をあげておくと、まずはドレッドノータスね。今月の京都大賞典(GII、京都、2400メートル)を勝って調子を上げているわ。それに25日(金)の雨で馬場は「良」になりそうもないし、ハービンジャー産駒だから可能性があるわね。もう一頭は、GI馬、アルアインよ。一番外枠に入っちゃったけど、鞍上のユウイチちゃん(北村友一騎手)は今年調子がいいから、前々でレースを進められるアルアインなら一発あるかもしれないわよ。

カス丸なんだかカタそうだじぇい。ここは再起を狙ったダノンプレミアムが本命◎きゃすう。2週連続で当てるじぇい。<J-CASTトレンド>