副町長のあおり運転は確認されず 大槌町

©株式会社岩手日報社

 大槌町は25日の町議会全員協議会で、沢舘和彦副町長が、同町の男性から「あおり運転された」と抗議を受けた件について、県警の捜査の結果、あおり行為はなかったと報告した。

 町によると、釜石道の防犯カメラの映像分析など捜査の結果、あおり行為は確認できないとの説明を受けた。ハイビームを当てた減光義務違反はあり、沢舘副町長は反則金6千円を私費で納めた。