【東洋ミスターコンインタビュー】糸洲 朝貴さん

2019ミスターファイナリスト・No.2

©TOYO Press

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

森尾 伊久美

TOYO Press Editor

陸上競技を中心に、東洋大学のスポーツを取材しています。

森尾 伊久美の記事一覧を見る

 東洋大学白山キャンパスで毎年秋に行われる「白山祭」のイベント「東洋大学ミスミスターコンテスト」。TOYO Pressがミス・ミスター候補者にインタビューする第6弾。ミスターエントリーNo.2、糸洲朝貴さん(文・教育3年)にインタビューしてきました!

インタビュー記事一覧

体重100kgからの減量

―――ミスターコンに出場したきっかけを教えてください!
1年生のとき体重が100kgくらいあって、ノリで痩せたらミスコンに出ると周りに言っていました。ミスコンのポスターを見て、学生時代じゃないとできない、純粋に楽しみたいと思いました。それで実際に、食事制限と運動をして3ヶ月で25kgくらい痩せたんです。シンプルにモテたいという気持ちもありましたね(笑)

 2年生になって声をかけてもらったんですけど、たくさん人脈を作ったり準備するために一年間温めて、今年やっとミスコンに出場することにしました。

 出身高校には3年に1回ミスミスターコンテストがあって、同級生に2人すごくカッコイイ人がいたんです。結構仲も良くて、2人とも高校でミスターに選ばれてました。そのまま上京してすぐ、1年生のときに他大学のグランプリとファイナリストになって。絶対自分もやってやると思って、かなり刺激になりました。

―――ミスコンに参加して、変わったことはありますか?
 サークルで「ミスター」と呼ばれて、いじられるようになりました。でも、周りの友達がすごく協力的で、SNS用の写真を積極的に撮ってくれます。そのときも出来るだけ写真映えするように、ライトを当ててくれたりと工夫してくれるんですよ。ひとりじゃ何もできないなーって、周りの大切さを改めて感じました。

沖縄について

―――出身地・沖縄のことを教えてください!
 まず、那覇空港は南端にあってこっちのほうの海は沖縄県民からするとあまり綺麗ではないです(笑)美ら海水族館は北端で、こっちはホテルが多くて、観光地って感じですね。最近は那覇にはショッピングモールやセブンイレブン、カラオケ館ができて栄えてきてるんですよ。もうすぐコストコもできるそうで。
 沖縄はやっぱり人が温かくてみんな優しいです。自分もフレンドリーなほうだけど、人見知りしなくてサービス精神旺盛な人が多いです。

―――沖縄のおすすめスポットや思い出は?
 沖縄に行くならぜひ島に行ってみてほしいです。空港がある島もあって、東京から直接行けるところもありますよ。一番おすすめは宮古島ですね!

 高校生のとき友達と2人で宮古島行ったんですけど、空港からホテルまで徒歩10分だと思ってたら、車で10分で。途方に暮れてると、通りかかった車がホテルまで送ってくれたんです。しかも、おすすめのおいしい宮古そばのお店にも連れていってくれて。お店のおばあちゃんがサーターアンダギーやてんぷらの盛り合わせをサービスしてくれたり、その後車で送ってくれた方が島一周ドライブに連れていってくれて、心霊スポットや夜景が綺麗なところに行ったりしました。次の日、飛行機の時間に合わせてホテルまで迎えにきてくれて、まさに至れり尽くせりでしたね。人の温かさに触れることができますよ。

 海で野宿したこともあります。友達10人で渡嘉敷島に行ったとき、お金がなかったのでみんなで浜辺に並んで寝たんですけど、朝になって友達が騒ぎ始めたので何かと思ったら、満潮で脚が海に浸かっていたことがあります。危なかったけど面白かったですね。青春でした。釣った魚をその場でさばいて食べたりもしました。

―――沖縄の方言を教えてください!
 なんとかなるよという意味の「なんくるないさ」という言葉は割と有名だと思うんですが、元々は「真(まくとぅ)そーけーなんくるないさ」で、テレビで紹介されたりして「なんくるないさ」の部分だけが有名になったんです。これには“正しい行いをして努力していれば”なんとかなるよ、という実は深〜い意味があるんですよ。
 帰省したときや、東京でも沖縄の友達と話すときは方言を使います。普段は方言が出ないように、イントネーションとかも気をつけてます。

―――夏休みは満喫できましたか?
 バーベキューに行ったり、明治神宮の花火大会に行ったりしました。これから、フットサルサークルの合宿やゼミ合宿に行ったり、友達とヒッチハイクに行ったり、沖縄に帰省するので、ミスコンの予定も合わせて盛りだくさんです。

―――自分らしい瞬間は?
 マジックを通じて色んな人と繋がるのが楽しくて。大学生になってかなりフットワークが軽くなって、毎日新しい出会いがあって、刺激のかたまりです。沖縄にいたら出会えなかった人もたくさんいるし、学生も社会人も、自分にはできない体験をしている人の話を聞くのが好きです。

―――ディズニー好きなんですね?
 ディズニーには月2くらいで行きます。断然シー派で、アトラクションはタワテラが好きです。キャラクターは可愛いのでダッフィーが好きですね(笑)
 1ヶ月前、タートルトークでクラッシュに当てられて、すごく興奮しました!どうしたら当てられるか考えて、カチューシャとシンプルな格好で行きました。「クラッシュみたいに口が達者で面白くて、人を笑わせられるようになるにはどうしたらいい?」と質問すると、「そんなの意識してないよー、ただひとつだけ言えるのは、自分がまず楽しんで人に話すこと。自分が楽しかったら相手にも伝わるし、自分が暗い気持ちだったら相手も暗くなる。」と答えてもらいました。

 インスタにディズニーの写真をアップすると、いつもよりいいねが伸びるんです。普段マジックでアピールしてますが、これはディズニーマジックですね(笑)


イベント情報、お寄せください

TOYO Pressでは、学内外で活動する東洋大生・院生・教職員・サークルの活動を応援しています。記事化・イベント取材をご希望の方は、メールフォームから情報をお寄せください。