20年後のタイコさん役に堀内敬子! 天海祐希と初共演で“ママ友”に!!

©株式会社東京ニュース通信社

天海祐希主演で、日本一有名な家族であるサザエさん一家の20年後をオリジナルストーリーで描く11月24日放送のフジテレビ系「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(午後8:00)で、堀内敬子が20年後の波野タイコ、20年後の波野イクラを稲葉友が演じる。

タイコは、サザエ、カツオ、ワカメといとこ同士の波野ノリスケ(八嶋智人)の妻で、イクラ(稲葉友)の母。波野家を支える良妻賢母なタイコはサザエとは年齢が近いこともあり、友達のように仲が良い。イクラを周囲から褒められ誇りに思いながらも、親としては心配が尽きない。就活がうまくいかず落ち込んでいる様子のタラオを心配するサザエの悩みには子どもを思う母親に立ちつつ、客観的なアドバイスをする。

堀内は「オファーをいただいて、まず、えっ、すごくうれしいんですけど!!と喜びました。だって、だって、小さい頃から毎週見ていた、サザエさんの20年後のドラマなんて、絶対見たいですもの」と大喜び。初共演の天海には「タイコさんの20年後ーーー??と悩みもしましたが、サザエさん役の天海さんにお会いして、そんなことは吹っ飛んで、自然とタイコさんを演じることができました」と感謝している。

その息子・イクラ役の稲葉は「イクラちゃん!?とシンプルに驚きました。ですがジワジワと国民的に愛されているキャラクターを演じるプレッシャーと、自分が演じさせてもらえるんだという光栄さを感じました」と起用に喜色満面だ。

そのほか、20年後の伊佐坂(難物)先生を浅野和之、ワカメ(松岡茉優)の恋人でドラマオリジナルのキャラクターとなる貝塚タケシを中林大樹が演じることも決まっている。