41歳・長谷川京子“脱ぎたがり”爆発の写真集に呆れ声「欲求不満なの?」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

長谷川京子 

(C)まいじつ 

女優の長谷川京子が10月24日、自身のインスタグラムにて、来月26日に写真集『Just as a flower』を発売することを報告した。

26歳以来、16年ぶり3冊目の写真集。現在41歳になった〝等身大〟の長谷川が詰まっているという今回の写真集は、「家庭がありながらも、出逢ってしまった不可抗力な恋愛」というコンセプトをもとに制作されたという。発売に先立って公開されたカットでは、海辺で髪を濡らした長谷川が白い布を胸にあてがっているセクシーなショットや、黒いビキニの上からシースルー素材の上着を羽織りナチュラルな笑顔を浮かべているショット、水色の下着を着けてリラックスした表情のショットなど、どれも露出が多く、大人の色気があふれるものばかりだ。

写真集の帯コメントには、俳優のリリー・フランキーから《母であり、妻であり、女優であり、何より、女盛りである。薔薇の咲き乱れたような長谷川京子の姿と勇気は、すべての人々に希望と香りを伝えている》と寄せられ、長谷川は自身のインスタで《女性がありのまま、生き生きと。そこからあふれ出る魅力が個人の色気であり、強みである。そう信じて作らせてもらいました》と、男性ファンはもちろん、女性にも楽しめる作品になっていることをアピールしている。

 

露出ヒートアップ 痴女っぷりに拍車がかかる

往年のファン待望の写真集発売となったが、ネット上では〝知ってるハセキョーがいない!〟と顔の変貌に違和感を持つ人が多かったようで…。

《顔がおかしなことになってるぞ》
《この人の行く先に平子理沙が見える》
《どうしたんだ!! こんな人だったっけ!?》

などと、衝撃を受ける声が続出。また、現在41歳で2児の母でもある長谷川の露出度の高さに対しても、

《誰得…?》
《正直キモい われわれは何を見せられてるんだ…》
《そう遠くない将来、お子さんの目にも入るだろうに気にならないのかな》
《おばさんのこういうの見ると旦那さんに相手されなくて欲求不満なのかなと思ってしまう》

など、疑問を持つ声が多く上がっている。

「長谷川さんは、ここ最近、とにかく露出が激しくなっています。『ベストジーニスト2019』ではデニムを見せたいからと、背中が全露出しているタンクトップで登場。トーク番組では、なぜか谷間やバストラインが分かるトップスを選ぶなど、その〝痴女〟ぶりに視聴者はただただ困惑。そんな戸惑いの声など一切聞こえていないのか、はたまた聞こえていてもゴーイングマイウェイしているのか…。このままいけば、安達祐実の母のように、〝誰得ヌード写真集〟を作り出すのもそう遠くはないでしょう」(芸能記者)

とはいえ、脱ぐなら今! 次の写真集を密かに心待ちにしよう。