日本学生氷上競技ショートトラック 高崎高出身の丸山が優勝

©株式会社上毛新聞社

 スピードスケートの第92回日本学生氷上競技選手権ショートトラックが26日、長野県の帝産アイススケートトレーニングセンターで行われ、群馬県勢は学校対抗の男子500メートルで高崎高出身の丸山凜太朗(同大、高崎高出身)が43秒041で優勝した。女子は500メートルの丸山朱理(同大、高経附高出身)が51秒374で5位、1500メートルの椚瀬ななみ(高崎健大、市前橋高出身)が2分40秒707で6位だった。