和牛が鶴瓶にレギュラーオファー!? “新しい地図”への差し入れ秘話も!!

©株式会社東京ニュース通信社

10月28日放送のBS日テレ「断ちごはん~和牛もいただきます~」(月曜午後9:00)に、笑福亭鶴瓶がゲスト出演する。

同番組は、ゲストに大好物を1週間完全に断ってもらった後に、食の達人「dancyu」編集長・植野広生氏が数ある名店の中から最もふさわしい一皿を出すお店へと案内。ゲストが満足すれば食事代を支払うという真剣勝負が繰り広げられる新感覚グルメバラエティー。MCの和牛(水田信二、川西賢志郎)自らが出演オファーしたという今回のゲストである鶴瓶は、本来なら1週間“断ち”しなければならないルールだが「家庭の事情」でちょっとだけ破るという、まさかの展開から撮影はスタート。ダイエットを始めてから肉ばかり食べているという鶴瓶に、1週間ではなく6日間断ってもらったのは焼き肉。和牛、dancyu・植野編集長と共に、学生の街・高田馬場にあるアットホームな雰囲気の焼き肉店に向かう。

出てきたのは「分厚いタン」。牛のタンの根本であるタン元だけを提供するため、1頭からわずか2切れしか取れないほどの希少部位だ。普段は料理をすることはないというが、鶴瓶自身に焼く作業をお願いするも、分厚いタンを相手に四苦八苦。また素材の味をより引き立てる変幻自在のタレに「植野さんが選ぶだけあるわ」と鶴瓶も絶賛する。次々と出てくる他店ではお目にかかれない珍しい部位の肉の登場に、「みんなも食べえや」と番組スタッフにも焼き肉を振る舞い、店員へも話かけるなど、番組史上最もアットホームな展開に。さらに、水田のタレコミコーナーでは、「安い弁当だと、また言いよるでしょ」と“新しい地図”に100万円分のうなぎ弁当を差し入れたという豪快な差し入れ伝説が明かされる。

鶴瓶は「僕はタンの分厚いのはダメなんですよ。うわ、出てきたと思ったんですね。帰ろうと思ったんですけど、食べたらほんまうまかったね。そこからはずっとハマりました」と舌鼓。次の断ちごはんについては「カレーが好きやねんけど、カレーはあんなにぎょうさん食われへんからな。イタリアンにします。ピザもうまいしね」とリクエスト。すると水田が「じゃあ次回はイタリアンですね。3回目がカレーで、4回目が洋食ということで」とノリノリで言うと、「レギュラーやん!」(鶴瓶)、「一緒にやっていきましょう」(水田)、「あほか(笑)」(鶴瓶)とテンポのいい掛け合いを繰り広げていた。