勝山中心部のクマ、2晩明けても樹上

©株式会社福井新聞社

クマ2頭が登っている杉の木(中央)=10月27日午後1時ごろ、福井県勝山市芳野町1丁目

 福井県勝山市中心部の芳野町1丁目に10月25日出没し、住宅街の柿の木で見つかった親子とみられるクマ2頭は、2晩が明けた27日午後も近くの木にいることが確認された。同日午後1時現在、勝山市は24時間態勢で職員が交代しながら監視、警戒を続けている。県警勝山署は引き続き、周辺道路の通行を規制。周辺住民に外出や一人での行動を控えるよう呼び掛けている。

⇒【速報】「籠城」4日目、ようやく捕獲

 市クマ対策警戒連絡室は26日、市民に柿の収穫を急ぐよう文書で区長を通じて要請した。不要な柿の処分用のパッカー車を26、27日、市役所南側駐車場に配置している。