Amazonプライム・ビデオのオリジナルドキュメンタリー作品『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』をレビュー!

©株式会社AXNジャパン

サッカー選手セルヒオ・ラモスに密着!世界屈指のメガ・クラブ”レアル・マドリード”で伝統の背番号4を受け継ぎ、全てのコンペティションにおいて優勝が至上命題となる世界的クラブで、主将を担う男の苦悩を捉えた密着ドキュメンタリーを紹介!

セルヒオ・ラモスって?

銀河系クラブと称され、世界のトップに君臨するクラブの一つとされるスペインのプロサッカーリーグ・リーガエスパニョーラに所属する”レアル・マドリード”の背番号4にして主将を務めるディフェンダー、セルヒオ・ラモス。
同じくスペイン代表でも主将を務め、ファンはもとより、選手たちからの信頼も厚い稀代のプレーヤー。

そんなセルヒオ・ラモスに密着し、ピッチの上以外のパーソナルな部分にも追求するドキュメンタリープログラム、それが『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』。
Amazonプライム・ビデオのオリジナル作品として視聴することが可能で、1話あたり20分ほどで全8エピソードで構成されています。
ユニフォーム姿以外のセルヒオ・ラモスに迫っており、彼を取り巻く環境、家族などサッカー好きならばとても興味の湧くプログラムになっています。
世界でも指折りのディフェンダーであるセルヒオ・ラモスのサッカー選手以外の思わぬ一面を垣間見ることが出来る貴重な番組です。

セルヒオ・ラモスのプロフィール

・本名:セルヒオ・ラモス・ガルシア
・愛称:SR4
・生年月日:1986年3月30日
・出身地:スペイン・セビリア
・身長:184cm
・体重:82kg
・ポジション:DF
・在籍:レアルマドリード
・背番号:4
・キャリア:2003-2005年・セビージャ、2005-現在・レアル・マドリード

Sergio Ramos – Capitán del Real Madrid y jugador de la Selección Española de fútbol.

サッカー選手としてのセルヒオ・ラモス

スペインのセビリア出身のセルヒオ・ラモスは、小さい時からサッカーにしか興味がない子供で、3人兄弟の次男。
地元のサッカークラブを経て、提携先だったセビージャの下部組織に入団。
そして2003年からBチームでプレーし、2004年にトップデビューを果たします。
彼がすごいのは、まともに1シーズン2004-2005年シーズンをセビージャで過ごしたのち、まだ10代という若さでレアル・マドリードに引き抜かれているのです。
そしてレアルに加入後も、名だたる選手が加入し続ける世界でも有数のトップクラブの中で、現在までレギュラーを守り続けています。
加入選手によっては一時期、右サイドバックやボランチなどもこなしていますが基本的には、センターバックが本職となる選手です。
レアル・マドリードはもちろんのこと、スペイン代表でも黄金期となるワールドカップの優勝の立役者のひとりとして、国際舞台のタイトルも獲得している、稀代のディフェンダー。

レアル・マドリードについて

セルヒオ・ラモスが所属するクラブ、レアル・マドリードについて軽く解説しておきましょう。
スペインの首都マドリードを本拠地とするプロサッカークラブで、今年の夏に日本人選手の久保建英が移籍したことで多くの人に身近な存在となったことでも知られるクラブです。
しかしレアル・マドリードの下部組織には、以前より注目される日本人選手が所属していることでも知られています。
”ピピ”という愛称で親しまれている中井卓大という、日本サッカーの宝と言われ将来、久保建英との共演が期待されている逸材です。

そんな日本人選手も在籍しているレアル・マドリーは銀河系クラブと称されており、圧倒的な資金力で世界でも指折りのスター選手を獲得することで、富と名声を得てきたチームです。
ここ数年は世界No.1プレイヤーの呼び声も高かった、クリスチアーノ・ロナウドを中心に形成されていたチームが遂に終わりを迎え新時代に突入。
新たな風として、イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属していたベルギー代表、エデン・アザールを獲得し大きな話題になっていました。
そんなレアル・マドリーは、毎シーズン…イヤ、毎試合常に勝ち続けることが目標の上昇クラブとしてのプレッシャーが常に付き纏う、世界でも1、2を争うトップクラブです。

『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』の見どころ

ここからは、Amazonプライム・ビデオのドキュメンタリー『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』について紹介していきます。
サッカー選手として、毎試合を戦うことで身体も心も消耗していくセルヒオ・ラモスを形成するものとは?
一人の人間として、プライベートな空間も余すことなく密着している貴重な映像がたくさん映る、サッカー好きじゃなくとも世界のセレブがどんな生活をしているのかが分かるドキュメンタリーとなっています。

サッカー以外のセルヒオ・ラモス

このドキュメンタリー1番の見どころは、サッカー選手だけではなく一人の男性として、一人の人間として彼が、セルヒオ・ラモスが普段どのように生活をしているのか、サッカー以外の興味はなんなのか…
そんな彼のサッカー以外の活動を知ることができるのも、とても貴重な映像となっています。

中でも白眉ともいえる場面が、エピソード4の実績の中で登場。
セビリアで行われるシカブと呼ばれる世界名馬展示会。
いわゆる馬の品評会で、セルヒオ・ラモスは馬主でもあるのです。
彼のチームSR4で育てた馬が、このシカブに出展します。
その品評会の模様もしっかりと登場し、普段では見る事ができない光景が広がっています。

その他、家族などからセルヒオ・ラモスの幼少期の話や、様々な場面が登場しとても興味深い濃い内容が詰まっています。
これ以上詳細を説明してしまうとネタバレにつながるので、あとは『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』を是非ご覧になってみてください。
彼がとにかく熱く、とても責任感の強い男だという事が伝わる事でしょう。

2018-2019年シーズンを密着

気になるシーズンですが『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』では2018-2019年シーズンを密着しています。
そう、ファンならば知っているであろう、レアル・マドリーがかつてないほどに失速をした年です。
これまで絶対的エースだったクリスチアーノ・ロナウドが退団し、新たに柱となる攻撃的選手の獲得をせずに迎えた新シーズン。
そして、これまでスペイン代表を率いていたロペテギ監督を引き抜いて就任させ、問題になったのも記憶に新しいシーズンです。
そしてレアルは、大不振に陥り結果的にジダン監督が戻ってくるという、レアルにとっては散々だったシーズン。
そんな不振だったシーズン、セルヒオ・ラモスの苦悩がまさしく映し出されている、レアルマドリーというチームにかつてないほどの窮地が描かれています。

そんなチーム事情も加えて、サッカー好きならずとも世界的スポーツ選手の暮らし、プライベートなどゴシップ好きな人にオススメできるドキュメンタリー『セルヒオ・ラモス 不屈の魂 』です。
ぜひ気になる方はAmazonプライム・ビデオで視聴が可能ですので、チェックしてみてはいかがでしょうか?