サーローさん、都内で講演

核兵器「無差別に殺す」

©一般社団法人共同通信社

講演会で自らの被爆体験を証言するサーロー節子さん=27日午後、東京都渋谷区

 2017年のノーベル平和賞授賞式で被爆者として初めて演説したカナダ在住のサーロー節子さん(87)が27日、東京都内で講演し、核兵器は「子どもも老人も女性も、武装していない人たちも無差別に殺す」として、改めて廃絶を訴えた。

 講演会は絵本の専門店「クレヨンハウス」(東京)が主催。サーローさんは13歳の時に広島市で被爆した体験を証言した。建物の下敷きとなり「光へ向かって、はって出ろ」という声に突き動かされて脱出したが、親族9人が犠牲になった。「姉と4歳のおいは焼けただれた肉という形で命を失った。あんなことが二度と人間に起きてはいけない」と力を込めた。