トラブル企業元社員が証言

「投資金、返済に使った」

©一般社団法人共同通信社

関連会社の返金トラブルが起きている「ジュピタープロジェクト」が入るビル=25日、東京都千代田区

 投資家との間で返金トラブルが起きている、暗号資産(仮想通貨)事業の「ジュピタープロジェクト」(東京)関連会社について、複数の元社員が「集めたお金は投資せず別の返済に使っていた」とする陳述書を投資家側の代理人弁護士に提出したことが27日分かった。元社員は集金総額が約30億円に上るとも証言。投資家11人がこの関連会社などに計約1億円の支払いを求め、週内に東京地裁へ提訴する。

 資金繰りが苦しく、投資名目で集めたお金を別の目的に流用する状態だった可能性がある。実際に投資をしていたかは不明。