EU、英離脱を3カ月延期

今月末の「合意なし」消える

©一般社団法人共同通信社

28日、ロンドン市内で撮影に応じるジョンソン英首相(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】英国を除く欧州連合(EU)加盟27カ国は28日、英国のEU離脱の延期期間を最長で来年1月末までの3カ月とし、前倒しの離脱も可能にすることを決定した。英側の受諾を経て正式決定となる。今月末に迫った離脱日に、欧州経済に混乱を招く「合意なき離脱」を英政権が強行する可能性は消え、最短で来月末が離脱期限となる。

 英国の離脱延期をEUが認めるのは3回目。当初予定では今年3月下旬に離脱の予定だった。

 これを受け英下院は28日、ジョンソン首相が提案した12月12日の総選挙実施の賛否を問う採決を行う。複数の英メディアは否決の公算が大きいと伝えている。