獅子頭 赤ちゃん“ガブリ” 西海・松島くんち

©株式会社長崎新聞社

見物の赤ちゃんにかみつく獅子頭=西海市大瀬戸町松島

 西海市大瀬戸町の松島にある松島神社の秋の大祭「松島くんち」がこのほど、島内であり、五穀豊穣、豊漁などを祈願した。
 1645年から続く伝統行事。「お上り」と「お下り」の御神幸があり、住民や松島火力発電所の従業員が台座に乗せた2基のみこしを引き、市営船乗り場がある釜浦港周辺を練り歩いた。島の伝統芸能、親子獅子舞は、沿道の子どもたちにかみつき、無病息災を願った。
 社殿では、小中学生の女子4人が平穏無事の願いを込め「浦安の舞」を奉納した。