Google、アップデートでPixel4のリフレッシュレート問題に対応

©ティー・クリエイション株式会社

Googleは、Pixel4でPixelシリーズ初の機能をいくつか搭載しています。ひとつはデュアルカメラシステムで、もうひとつは90Hzでのディスプレイリフレッシュレートです。しかし数日前に、Pixel4のリフレッシュレートが必ずしも90Hzになっているわけではないことが分かりました。

ユーザーの一部が、Pixel4のディスプレイ輝度が75%を下回ったときにリフレッシュレートが60Hzになることを発見しました。これが意図的なものなのかどうかは分かりませんが、Googleはすぐにアップデートで修正する予定だとしています。

GoogleがThe Vergeに対し、バッテリー駆動時間を伸ばすためだったと話しています。

同社は、今後のアップデートで90Hzを維持できるようにするオプションを配信する予定としています。そのアップデートの時期については明言されていませんが、現状でも開発者向けオプションから90Hzを強制的に維持することは可能です。気になる人はこれをオンにしておくといいでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら