Pixel 4、本当は4K60p録画に対応していた?あとから削除説が浮上

©ティー・クリエイション株式会社

出たばかりのPixel 4ですが、最近4K動画を60fpsで録画できない(30fpsなら可)ことが明らかになりました。Googleによると、60fpsだとより多くのストレージを占有し、大部分のユーザーは1080pなど低い解像度で録画する傾向があるためだとしています。

XDAデベロッパーのMishaal Rahman氏のツイートによると、Googleは当初、Pixel 4で4K60fpsの録画に対応していたようです。テスト中、Googleは高解像度と高速フレームレートでの録画が、ストレージに関して理想的な体験に満たないとし、この機能を削除した可能性があると指摘します。

理由はどうあれ、Googleは今でも64GBと128GBのストレージを備えたスマートフォンを販売していることを伝えておくべきでしょう。

Googleはストレージ容量を低くすることで端末価格を抑えようとしているのかもしれませんが、ストレージ容量の大小は高解像度の録画など一部の機能に影響を与えており、貴重なストレージを大量に消費してしまうことには間違いありません。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら