「蝶の力学」青木崇高はすごい集中力!?「ラグビー日本戦の日は巻く」

©株式会社東京ニュース通信社

11月17日スタートのWOWOWプライム「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」(日曜午後10:00)PRイベントに、同作の犯罪心理監修を担当した法政大学文学部心理学科の越智啓太教授、「殺人分析班」シリーズの内片輝監督が参加した。

「殺人分析班」は、木村文乃主演で2015年「石の繭」、16年「水晶の鼓動」として放送され大ヒットしたクライムサスペンスシリーズ。3作目となる「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」では、主人公・如月塔子役の木村文乃、先輩刑事・鷹野秀昭役の青木崇高らおなじみのメンバーが集結する。

内片監督は3年ぶりのシリーズ稼働に「塔子がさまざま事件を乗り越えて成長した姿を描いている。観客の皆さんも一緒に、彼女の成長を楽しんでもらえたらうれしい」と「蝶の力学」の見どころをアピール。越智氏はシリーズ全体を通して「驚いたのが警察官たちの動き。リアリティーがすごい。刑事もののドラマにはウソでしょ!?というものがあるけれど、このシリーズは細かいところまでリアル。犯人の造形もいい。リアリティーを追求すると話がつまらなくなる危険もあるが、ドラマとしても面白いのだからすごい」と大絶賛だった。

新作「蝶の力学」はクランクアップしたばかり。撮影がラグビーワールドカップ中に行われたこともあり、内片監督は「青木崇高がラグビーの大ファンになった」と報告しながら「彼が集中力を発揮する日がある。それは日本チームの活躍をテレビの前で応援したいから。試合がある日はビックリするくらい集中力を発揮して、収録も1時間くらい巻いてさっそうと帰っていく」と青木のラグビー熱を暴露した。