全30球団 昨オフの最高額FA補強選手の今季は?

©MLB Advanced Media, LP.

メジャーリーグはまもなくポストシーズンを終え、数ヶ月間にわたるオフシーズンに突入する。来季以降の戦いに向けて、各球団がトレード市場やフリーエージェント市場で戦力補強を行うことになるが、ここでは昨オフの各球団の補強のうち、最高額の契約でチームに加わったフリーエージェント選手の今季の成績を振り返り、【期待以上】【期待通り】【期待外れ】の3段階で評価してみよう。

アメリカン・リーグ

◆東部地区
ネイト・カーンズ投手(オリオールズ)
4試合(2先発) 0勝1敗0セーブ 防御率0.00 5奪三振
1年80万ドル【期待外れ】
※8月上旬に解雇

ネイサン・イバルディ投手(レッドソックス)
23試合(12先発) 2勝1敗0セーブ 防御率5.99 70奪三振
4年6800万ドル【期待外れ】

DJレメイヒュー二塁手(ヤンキース)
145試合 打率.327 26本塁打 102打点 5盗塁 OPS.893
2年2400万ドル【期待以上】

チャーリー・モートン投手(レイズ)
33試合(33先発) 16勝6敗0セーブ 防御率3.05 240奪三振
2年3000万ドル【期待通り】

クレイ・バックホルツ投手(ブルージェイズ)
12試合(12先発) 2勝5敗0セーブ 防御率6.56 39奪三振
1年300万ドル【期待外れ】

◆中部地区
ケルビン・ヘレーラ投手(ホワイトソックス)
57試合(0先発) 3勝3敗1セーブ 防御率6.14 53奪三振
2年1800万ドル【期待外れ】

タイラー・クリッパード投手(インディアンス)
53試合(3先発) 1勝0敗0セーブ 防御率2.90 64奪三振
1年150万ドル【期待以上】

タイソン・ロス投手(タイガース)
7試合(7先発) 1勝5敗0セーブ 防御率6.11 25奪三振
1年575万ドル【期待外れ】

ビリー・ハミルトン外野手(ロイヤルズ)
93試合 打率.211 0本塁打 12打点 18盗塁 OPS.544
1年525万ドル【期待外れ】
※8月中旬にDFAとなりブレーブスへ移籍

ネルソン・クルーズ指名打者(ツインズ)
120試合 打率.311 41本塁打 108打点 0盗塁 OPS1.031
1年1430万ドル+球団オプション1年1200万ドル【期待以上】

◆西部地区
マイケル・ブラントリー外野手(アストロズ)
148試合 打率.311 22本塁打 90打点 3盗塁 OPS.875
2年3200万ドル【期待通り】

マット・ハービー投手(エンゼルス)
12試合(12先発) 3勝5敗0セーブ 防御率7.09 39奪三振
1年1100万ドル【期待外れ】
※7月下旬に解雇されアスレチックスへ移籍

ホアキム・ソリア投手(アスレチックス)
71試合(1先発) 2勝4敗1セーブ 防御率4.30 79奪三振
2年1500万ドル【期待外れ】

菊池雄星投手(マリナーズ)
32試合(32先発) 6勝11敗0セーブ 防御率5.46 116奪三振
3年4300万ドル【期待外れ】

ランス・リン投手(レンジャーズ)
33試合(33先発) 16勝11敗0セーブ 防御率3.67 246奪三振
3年3000万ドル【期待以上】

ナショナル・リーグ

◆東部地区
ジョシュ・ドナルドソン三塁手(ブレーブス)
155試合 打率.259 37本塁打 94打点 4盗塁 OPS.900
1年2300万ドル【期待通り】

セルジオ・ロモ投手(マーリンズ)
38試合(0先発) 2勝0敗17セーブ 防御率3.58 33奪三振
1年250万ドル【期待通り】
※7月下旬にトレードでツインズへ移籍

ジューリス・ファミリア投手(メッツ)
66試合(0先発) 4勝2敗0セーブ 防御率5.70 63奪三振
3年3000万ドル【期待外れ】

ブライス・ハーパー外野手(フィリーズ)
157試合 打率.260 35本塁打 114打点 15盗塁 OPS.882
13年3億3000万ドル【期待通り】

パトリック・コービン投手(ナショナルズ)
33試合(33先発) 14勝7敗0セーブ 防御率3.25 238奪三振
6年1億4000万ドル【期待通り】

◆中部地区
クレイグ・キンブレル投手(カブス)
23試合(0先発) 0勝4敗13セーブ 防御率6.53 30奪三振
3年4300万ドル【期待外れ】
※6月上旬、ドラフト終了後に契約

ザック・デューク投手(レッズ)
30試合(0先発) 3勝1敗0セーブ 防御率5.01 18奪三振
1年200万ドル【期待外れ】
※7月上旬に解雇

ヤスマニ・グランダル捕手(ブリュワーズ)
153試合 打率.246 28本塁打 77打点 5盗塁 OPS.848
1年1825万ドル【期待通り】

姜正浩(カン・ジョンホ)三塁手(パイレーツ)
65試合 打率.169 10本塁打 24打点 0盗塁 OPS.617
1年300万ドル【期待外れ】
※8月上旬に解雇

アンドリュー・ミラー投手(カージナルス)
73試合(0先発) 5勝6敗6セーブ 防御率4.45 70奪三振
2年2500万ドル【期待外れ】

◆西部地区
アダム・ジョーンズ外野手(ダイヤモンドバックス)
137試合 打率.260 16本塁打 67打点 2盗塁 OPS.728
1年300万ドル【期待通り】

ダニエル・マーフィー一塁手(ロッキーズ)
132試合 打率.279 13本塁打 78打点 1盗塁 OPS.780
2年2400万ドル【期待外れ】

A.J.ポロック外野手(ドジャース)
86試合 打率.266 15本塁打 47打点 5盗塁 OPS.795
5年6000万ドル【期待外れ】

マニー・マチャド三塁手(パドレス)
156試合 打率.256 32本塁打 85打点 5盗塁 OPS.796
10年3億ドル【期待外れ】

デレク・ホランド投手(ジャイアンツ)
31試合(7先発) 2勝4敗0セーブ 防御率5.90 71奪三振
1年700万ドル【期待外れ】
※7月下旬にトレードでカブスへ移籍