ついてなさすぎ。運が悪い人あるある8つ

©株式会社マイナビ

何をやってもうまくいかない、面倒な人につきまとわれる、努力が報われない……。そんな時ってありますよね。

そもそも、何をやってもうまくいかないのは、あなたの運気が落ちているからこそ。

そこで今回の記事では、運が悪い時に起こる出来事を紹介するとともに、運気を改善してハッピーにすごすための方法をご紹介します。

なお、後半では運の良い人の習慣もあわせて紹介しています。運の良い人の真似をすることで、気の流れを良い方向に変化させましょう。運気が落ちている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

■運が悪い時に起こる“あるある”8選

運が悪い時は、悪縁に捕まる、タイミングを逃すなど悪いことが続くようになります。そこで、まずは運気が落ちている時にとくに起こりやすい出来事を8個紹介します。

◇1.頑張っているのに報われない

運気が低迷している時は、何をやってもうまくいきません。一生懸命努力を惜しまない、そもそもお金を投資しているにも関わらず物事がうまくいかないなどは、あなたの運気が落ちているからこそ。

そんな時は、何をやっても無駄です。あえて休暇をとるなどして、運気が回復するのを待ちましょう。

◇2.タイミングが悪いことがいくつも続く

運気が停滞すると、時の運気を逃しやすくなります。そのため、肝心なところで必要なものを取り逃がす、お店に並んでいたら自分の前で売り切れになる、ここぞという時に悪天候に見舞われてしまうなど、タイミングの悪いことが続くようになります。

◇3.変な人につきまとわれる

運気が落ちている時は、ネガティブなオーラがあなたを包むため、いい縁に恵まれにくくなるもの。しつこい人や、ネガティブな人、運の悪い人など、あなたのマイナスなオーラに引き寄せられ、悪縁につきまとわれやすくなります。

◇4.大事なものを失くす

運気の悪い時ほど、普段大事にしているものを失いやすいもの。注意力が散漫になりやすい時期になるため、ついものの管理もおざなりになってしまいがち。

この時期は、大事なものは必ず同じ場所に置くなど、ものの管理を徹底させましょう。

◇5.人に誤解されやすくなる

運が悪い時は、あなたがどんなに誠意を尽くしても、素直に相手に気持ちが伝わりづらくなります。運気の悪い時ほど、自分の感情をうまくコントロールできなくなり、空回りしやすくなるからです。そのため、人に誤解を招く、変な噂話をされるなんてことも少なくありません。

運気が落ちている時は、いつも以上に注意して人と話、気遣い、思いやりを忘れないでください。

◇6.パワーストーンが割れる、お守りを紛失する

運気が落ちている時、あなたの身を守るためにパワーストーンが割れたり、肌身離さず身につけていたお守りが消えたりすることがあります。

筆者も、過去に何をやってもうまくいかなかった時に、胸ポケットに入れていたお守りが消えてしまったことがありました。

胸ポケットはチャック式だったので、どう考えても勝手になくなる可能性は低いものでした。きっと、悪い気から守ってくれたのだと今は信じています。

◇7.何もないところで転ぶ、怪我をする

運気の悪い時は疲れが溜まりやすく、何もないところでフラッと転ぶ、もしくはいつもなら絶対に怪我をしないところで怪我をしたりします。

いつもより注意散漫になりやすくなるので、いつも以上に普段の行動も注意することが大切です。

◇8.人と会うのが億劫になる

運気が落ちている時は、つい人と会うのに億劫になる、もしくは家に閉じこもってしまいがち。

でも、それは神様が「今は休みなさい」と言っているサインだからこそ。むしろ、無理して人に会ったとしても、衝突や喧嘩などトラブルが起きるケースも少なくありません。こんな時は、ゆっくり休んで気力体力が回復するのを待ちましょう。

■今すぐ解決!運が悪いと思った時の対処法

運が悪い時は、いつもとちがう行動をして気の流れを変える必要があります。

そこで次に、運が良いと思う状況に好転させ、今すぐ運が悪い状況から脱する方法を6つ紹介します。何をやってもうまくいかない人は、ぜひ試してみてくださいね。

◇1.不要なものを処分し家の掃除をする

風水では、不用品や汚い部屋には運が来ないといわれています。また、貧乏、恋がうまくいかない人ほど、部屋に不用品が多いともいわれているのです。運気を変えたいなら、思い切って不用品は捨て、部屋を掃除しましょう。

特に悪いこと続きの時は、気の入り口でもある玄関、第2の玄関といわれるベランダに面した窓を念入りに掃除してください。

◇2.ルーティンとは異なる行動をとる

運気の悪い時は、気の流れを変えるためにいつもとちがう行動をとるようにしましょう。

たとえば、仕事から家までの帰り道で寄り道をする、習い事をはじめる、社会人サークルに入るなど、日常を変える努力をしてみてください。新しい発見や、人間関係が築けるようになり、気持ち新たに迎えられるはずです。

◇3.パワースポット巡りをする

神社、ゼロ磁場などのパワースポットは、訪れるだけでネガティブな気を一掃する効果があるといわれています。

とくにオススメなのが、長野県伊那市にある「分杭峠」。テレビで何度も紹介されており、脅威のゼロ磁場を生み出すパワースポットと呼ばれています。どんな神社を訪れてもうまくいかない、何をやっても空回りする人は、ぜひ訪れてみてください。

◇4.ポジティブな発言を心がける

ポジティブな言葉は、良い気を呼び寄せる効果があります。

運気を上げるためにも、「どうせ私なんて」とネガティブな発言をするのは禁物です。どんなに落ち込むことがあっても、「この失敗を経験に活かそう」「大丈夫、次はきっと成功する」などポジティブな発言をするように意識しましょう。

◇5.美容院、エステに行く

風水では、美容院で髪を切ると厄落とし効果があるといわれています。失恋、悪いこと続きの時は少しでもいいので髪を切りましょう。きっと気持ちもスッキリするはずです。

また、マッサージは体の気を整える効果もある上に、気分もスッキリして一石二鳥の開運行動といえるでしょう。

■運が良い人が日常的に実践していること

運の良い人は、日常的に運が良くなるような行動に気をつけています。運の悪い人は、運の良い人の言動、行動をチェックして真似してみることで、少しずつ運気の流れが変わるかもしれません。

そこで次に、運が悪いと思う状況を生み出さないためにも、運気をよくするために中長期的にやっておくといいこと、行ってみると良い場所を5つ紹介します。

◇1.氏神神社を大切にする

運の良い人は、有名神社だけでなく家の近くの土地を守る「氏神神社」の参拝を欠かしません。また、氏神神社には「いつもお守りくださり、ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えます。

神社を大切にする人は、ここぞというお願いを叶えるパワーも絶大です。運気を上げたい方は、ぜひ家の近くの氏神神社へ定期的にお参りするようにしてください。

◇2.占いはいいことしか信じない

運が良い人は、どんな物事もポジティブに捉える傾向があります。また、占いにおいても良いことしか信じません。悪い占い結果にも、「今から気をつければ大丈夫と、神様が私に教えてくれたのかも」と前向きに受け止めます。

◇3.運の良い人と付き合う

運の良い人は、同じく運の良い人と付き合うようにしています。運の良い人と接することで、自分も運気のおすそ分けをしてもらえるからです。

逆に運気の悪い人ほど、自分より運の悪い人を見付けて「あの人よりマシだ」とホッとします。しかし、このような行為は運の悪い人のネガティブなパワーを吸収してしまいやすいので、運気を上げたい方は絶対にやってはいけません。

◇4.「ありがとう」の言葉を欠かさない

運の良い人は、感謝の言葉を欠かせません。

誰だって「ありがとう」「○○さんのおかげで助かったよ」など、感謝の気持ちを伝えられるとうれしいし、もっとその人に良くしようと考えるものです。人に助けられたい、良い気をどんどん引き寄せたい方は、誰かに助けを借りた時の「ありがとう」を忘れないでください。

また、お金を使う時に心の中でお金に向かって「ありがとう」と伝えると、お金が喜んで、あなたにたくさんのお金を運んでくれるようになります。金欠気味の人や、お金がなかなか貯まらない人は、支払時にぜひ試してみてください。

◇5.欲しいものしか購入しない

運の良い人は、自分の必要不必要を見極める力に長けています。欲しいものであれば高価だろうが購入しますし、逆にどんなに安くてもいらないものは買いません。

そもそも運が悪い人ほど、家の中に不用品が溢れてしまいがち。運気をアップさせるためにも、どんなにバーゲンだからといって不必要なものまで購入するのではなく、あくまで欲しいものだけを購入するようにしましょう。

良い運は自分で掴める!

良い運気は、衣食住などの環境を整えることで流れるようになります。不用品処分、掃除をマメにして、部屋を整理するようにしましょう。また、普段からどんなに安くなっていても欲しいもの以外は買わないようにしましょう。

運気をアップさせるためには、ポジティブな考えを持つ、氏神神社にお参りをする、周囲の人を大切にすることが重要です。ついネガティブになってしまう人は、行くだけでパワーをもらえるパワースポットを訪れる、占いでポジティブな意見をもらうのもオススメです。

また、何かにチャレンジする時は、運気が回復するまで待つようにしましょう。

みなさんも、上記で紹介した方法を参考にして運気の流れを変えて、ハッピーを掴んでくださいね。

(みくまゆたん)