釜石の少年らマスコットキッズに

W杯決勝で選手と入場

©一般社団法人共同通信社

ラグビー体験会後に記念撮影する(手前左から)元イングランド代表のジョニー・ウィルキンソンさん、W杯決勝でのマスコットキッズに決まった小野鳳君、網野瑛大君、元南アフリカ代表のブライアン・ハバナさんら=28日午後、東京都杉並区

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で11月2日に日産スタジアム(横浜市)で行われる決勝戦で、選手と一緒に入場するマスコットキッズに、東日本大震災の被災地岩手県釜石市の小学4年小野鳳君(10)ら2人が選ばれた。28日、大会スポンサーが発表した。

 もう1人は東京都目黒区の小学1年網野瑛大君(7)。2人は10月13日に釜石鵜住居復興スタジアム(釜石市)で、ナミビア―カナダ戦のマスコットキッズを務めるはずだったが台風19号の影響で試合が中止になった。

 小野君は「釜石の試合が中止になった時は絶望して布団で泣いた。選ばれてうれしいし、希望を持てた」と笑った。